2000年〜2009年 に発売されたマンガ

並び替え:

作者の人間観察力と、それを表現できる描写力が凄まじい。 絵は見やすく、話もテンポ良く、各エピソードもリアルでキャラクターも、こーゆ人居るよなという感じ。 なんだけど、深いところに流れるこのエグさは何だろう…by Oteru (244)

物語が美しすぎる。 登場人物一人一人が本当に魅力的で、思い出すだけで鳥肌が立つ。 個人的な音楽漫画の至高。他の追随を許さないくらいの圧倒的完成度。 何度でも読みたい、こんな漫画を生み出してくれてありがとうございます。by Hm (29)

最高のガンアクションとストーリー。何度 読み返しても面白い。アニメも最高ですが、こちらの原作コミックも最高です。ブラックラグーン好きは絶対好きだと思います( •̀ .̫ •́ )✧ #名作殿堂入り タグ付けました。by Shin@デザイナー (623)

60年代後半の日本の空気感がしっかり表現されていて流石。臨場感+説得力を持って今と違う時代を描くのは中々出来ない事。 ジャズ音楽を2人が奏でる場面はさながらNHKドラマのよう。褒めてんだよコレ。 by Oteru (244)

ドロヘドロ

3.29

2226

45

発刊:2002.01.01

完結・全23巻

タイトル通り、絵からも感じるへドロなドロりとした感じ。排気ガスの匂いやいろいろ混じって空気悪そうなの伝わってくる描写は見事。この設定と描き方は村田先生の強烈な個性であり誰も代わりが効かないので希少価値高いです。 特にこのご時世、デジタルが普及して漫画の画面が白くなりがちなのに、久々にこんなにガッツリ書き込まれた黒い画を見たなあ。ほっこり。 この強烈さに読む人を選ぶ作品になっているのは悪しからず。by (113)

刻刻

3.26

2010

46

発刊:2009.08.21

完結・全8巻

時間の止まった世界の中でいきなり始まる息の詰まるような攻防戦! こっちの戦力は無職女とじいさん、敵は怪しい新興宗教の男達!!! トンデモ設定と理解不能な世界観。 それらが全て説明され伏線も見事に回収されて収束し感動のラストシーンへ。 設定フェチ脱帽です。by Oteru (244)

Claymore

3.20

1915

35

発刊:2002.01.01

完結・全27巻

作品情報ページ

冷酷な世界観と落ち着いたバトルが魅力。こりゃあおもしろい。覚醒者のデザインが不快で超イイ。女戦士のレパートリーもすごい。そしてカバーの下のイラストが変態wwby しゃもじお兄さん (261)

12345