新宿スワン

和久井健

3.82

16215

発刊:2005.09.06 〜

完結・全38巻

『新宿スワン(1)』巻の書影
『新宿スワン(2)』巻の書影
『新宿スワン(3)』巻の書影
『新宿スワン(4)』巻の書影
『新宿スワン(5)』巻の書影
『新宿スワン(6)』巻の書影
『新宿スワン(7)』巻の書影
『新宿スワン(8)』巻の書影
『新宿スワン(9)』巻の書影
『新宿スワン(10)』巻の書影
『新宿スワン(11)』巻の書影
『新宿スワン(12)』巻の書影
『新宿スワン(13)』巻の書影
『新宿スワン(14)』巻の書影
『新宿スワン(15)』巻の書影
『新宿スワン(16)』巻の書影
『新宿スワン(17)』巻の書影
『新宿スワン(18)』巻の書影
『新宿スワン(19)』巻の書影
『新宿スワン(20)』巻の書影
『新宿スワン(21)』巻の書影
『新宿スワン(22)』巻の書影
『新宿スワン(23)』巻の書影
『新宿スワン(24)』巻の書影
『新宿スワン(25)』巻の書影
『新宿スワン(26)』巻の書影
『新宿スワン(27)』巻の書影
『新宿スワン(28)』巻の書影
『新宿スワン(29)』巻の書影
『新宿スワン(30)』巻の書影
『新宿スワン(31)』巻の書影
『新宿スワン(32)』巻の書影
『新宿スワン(33)』巻の書影
『新宿スワン(34)』巻の書影
『新宿スワン(35)』巻の書影
『新宿スワン(36)』巻の書影
『新宿スワン(37)』巻の書影
『新宿スワン(38)』巻の書影
ゆゆゆさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

スカウト会社“バースト”の見習い社員となった白鳥(しらとり)タツヒコ、19歳。街角でギャルに声かけて、お水のシゴトを斡旋(あっせん)し、紹介料でメシを食う。そんな歌舞伎町ディープビジネスの世界に飛び込んだ彼を待っていたのは、何よりもカネがモノをいう弱肉強食の掟だった……!! 日本最大の繁華街の雑踏に立ち、覗き込んだ裏社会のリアル。歌舞伎町のスカウトほどサイテーで最高な商売はない!!

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.82

291件の評価

ゆゆゆさんのアイコン

ゆゆゆ

yuyuyu
1ヶ月前

4.0

38巻まで読みました

このレビューにはネタバレを含みます。

歌舞伎町の裏側?を垣間見た。
最初は裏の世界のアレコレがストーリーになっているだけかと思ったけど、その裏では大きなストーリーが展開していていい意味で予想を裏切られた。
途中途中で眞虎さん何か企んでるな的な描写は出てくるんだけど、伏線が少な過ぎて?全然気づかなかった。
裏の世界のアレコレだけじゃ物足りなかっただろうから眞虎さんの目的があってよかったんだけど、わたしの頭が悪いのか疑問に思うところがいくつか。

・眞虎が見つめていた入院中の寝ている女性は誰?マオ?
・馬頭兄は弟のこと嫌ってたっぽいのになんで協力してくれるの?天野に対しての利害が一致してるだけ?
・天野はなぜ香港で眞虎を前にして殺さなかったの?
・香港の時点では本当に眞虎の負けだった?
・マイケルと会話して大河の口座と知ったのはいつ?眞虎が天野と会う前?会った後?
・大河を殺したのはいつ?天野と会った後?
・下里の電話の声はどうやって再現した?天野が気づかなかっただけ?
・天野に近づくために子宮まで取るって賭け過ぎない?天野がが卯月に近づかなかったらどうした?
・タチュヒコは出会う女性が多過ぎてみんなフラグな気がしたんだけど、そんなにアゲハ特別だった??

疑問あり過ぎる笑
あと作者の実体験をもとに描かれたということだけど、どのくらい実話が混ぜられているのか気になった。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...