浦沢直樹

との、てつのしん、他6人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

浦沢 直樹(うらさわ なおき、1960年1月2日 - )は、日本の漫画家。東京都府中市出身。府中市立府中第四中学校、東京都立富士森高等学校、明星大学人文学部経済学科卒業。1983年デビュー。漫画賞の受賞が多く、手塚治虫文化賞大賞を2度受賞している唯一の漫画家である。コミックスの売り上げは日本国内だけで累計1億2700万部を突破している。1960 - 1970年代のロックのファンで、『20世紀少年』にはその影響が色濃く反映されている。特にボブ・ディランの大ファンであり、2007年にはロッカー和久井光司との共著『ディランを語ろう』を発行したほか、2016年には個展の特別イベントとして『ボブ・ディラン 聴いて歌って描きまくる』を開催するなどしている。

28

並び替え:

あさドラ!

3.29

1120

14

発刊:2019.03.29

既刊3巻

久しぶりの浦沢直樹新作で連続漫画小説とタイトルに付いているとおり、朝ドラや大河ドラマみたいな雰囲気を醸しだした壮大なストーリーの幕開け。 はじめに2020年の風景が入ってから伊勢湾台風の話になるけど、この作品も長く続いていく予感がする。今後の展開をゆっくり待とうと思う。by てつお (18)

嘘の付き方とネタばらし、ストーリーの展開が粋で一冊でまとまってる読みやすさもあってとても満足。 あと、この本読むのに久しぶりに紙でマンガを買った。電子はかさばらないから好きなんだけど、紙で読むとやっぱこっちがいいなーって思ってしまう。(でもやっぱり今後は極力電子で買うのだけども…)by t-nashi (382)

最後ゴチャっとした気がするけど、それでも最高の一言。 漫画への愛、世界への愛、物語への愛、ひしひしと感じました。 天才浦沢直樹の片鱗が見える名作です。 個人的には浦沢作品トップ3に入るかも…by Hm (29)

ほぼ1話完結方式。それぞれがハイクオリティな人間ドラマ。 このレベルの話が沢山読めるって本当に贅沢な作品。 浦沢直樹って原作付きの方が良い仕事すると思うんだけどなあ… by おおがらす (363)

アトムを含む「7体の最高性能のロボット」のデザインが物凄くリアルに寄せてあるのに、何となく原作のイメージを彷彿とさせ、その塩梅が流石という感じ。 世界観を含めかなりチャレンジブルな作品だけど、SF設定フェチから見ると突っ込みどころが多過ぎて… 伏線も回収しきれてないような… 個々のエピソードは凄く好きな物もあるんだけどなぁ。by おおがらす (363)

この人の漫画は風呂敷を広げるのが目的化してる気がする。そりゃ話が広がる瞬間は面白いしワクワクしたが結局それには何の意味もテーマもないので空中分解してしまう。モンスターにもそれは如実に感じた。しかしたくさんの登場人物を絡ませて三谷的群像劇を作るのがとてもうまいと思う。by なかがわ (107)

大病院の名医として名高い、ドクターテンマ。彼は病院の院長の娘との結婚も決まっており、順風満帆な未来が待っているはずだったが、実益優先で患者に優先順位をつける院長の体勢や病院の在り方に違和感があった。「命は平等ではない 」という婚約者の言葉に更に自分の医師としての在り方を考えていく中で、緊急搬送が重なる。街の有力者をオペしろという院長の指示を破り、より緊急性のある子供をオペするテンマ。子供は助かったが有力者は亡くなり、テンマの病院内の立場はかなり悪くなってしまう。そんな自分の地位と引き換えに助けた子供がどんどん殺人を犯していく…… というストーリー。 謎めいた殺人鬼ヨハンの起こす行動が気になってどんどん読み進めてしまいました。本当に浦沢先生はストーリー展開がうまいです。 私的にはマルティンとエヴァのストーリーが好き(*´ω`*) サスペンスの中にもちょっと切ない展開が入ってグッときました。 ただ、本当に色々な要素が入っていて、締まらないといえばそうかもしれません。またもう一度読めば更にわかるのかも。 元凶は誰だったのでしょう。 by かるすとん (3)

今更ではあるが、盤石の面白さ。重厚な一話完結の作品こそが、本来の浦沢直樹だと感じさせてくれる。たった数ページで登場人物の生き様を描き切って、最後にホロリとさせてくれる手腕はさすが。 ただ、一話完結でいろいろなテーマがあるため、それを全てこなすキートンがちょっと完璧すぎる!by zaki (136)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +