『20世紀少年 本格科学冒険漫画(1)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(2)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(3)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(4)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(5)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(6)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(7)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(8)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(9)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(10)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(11)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(12)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(13)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(14)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(15)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(16)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(17)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(18)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(19)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(20)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(21)』巻の書影
『20世紀少年 本格科学冒険漫画(22)』巻の書影
SFFさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

1997年、ケンヂが営むコンビニへ刑事が訪れた。ケンヂがいつも酒の配達をしている敷島家が、全員行方不明になったのだという。敷島家の集金がまだ終わっていなかったケンヂは、飲み逃げかと落ち込むものの、渋々ビールの空きビンを取りに敷島の家を訪れる。するとそこには、どこかで見たことがあるような、不思議なマークが壁に描かれていた

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...