それでも町は廻っている

石黒正数

4.26

13407

発刊:2006.01.27 〜

完結・全16巻

『それでも町は廻っている(1)』巻の書影
『それでも町は廻っている(2)』巻の書影
『それでも町は廻っている(3)』巻の書影
『それでも町は廻っている(4)』巻の書影
『それでも町は廻っている(5)』巻の書影
『それでも町は廻っている(6)』巻の書影
『それでも町は廻っている(7)』巻の書影
『それでも町は廻っている(8)』巻の書影
『それでも町は廻っている(9)』巻の書影
『それでも町は廻っている(10)』巻の書影
『それでも町は廻っている(11)』巻の書影
『それでも町は廻っている(12)』巻の書影
『それでも町は廻っている(13)』巻の書影
『それでも町は廻っている(14)』巻の書影
『それでも町は廻っている(15)』巻の書影
『それでも町は廻っている(16)』巻の書影
うにたべたいさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

人情あふれる丸子商店街に存在するメイド喫茶(カフェではない)「シーサイド」。まさに、天真爛漫! 女子高生にして名探偵に憧れる嵐山歩鳥は、地元丸子商店街のアイドル(?)兼お騒がせ娘。ありふれた町のちょっとおかしなメイド喫茶を舞台に繰り広げられるドタバタ活劇!

はじめての方はこちら

この漫画のレビュー

一覧
5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
4.26

177件の評価

4.8

16巻まで読みました

東京の下町を舞台に、そこで生まれ育った女子高生「嵐山歩鳥」を中心とした日常系マンガ。
数話にまたがるストーリーもありますが基本的に一話完結形式で、歩鳥の周囲で起きる何気ない日々が描かれるものとなります。

本作の面白さは文章で伝えるのがすごく難しいです。
"何気ない日常"を描いているのですが、その日常の範囲が多岐に渡っていて、町内会で起きる小さな事件や、友人や弟の恋愛劇、実は幽霊や未知の生き物が関わっていたというファンタジー展開もあります。
ただ、それらの出来事により全体のストーリーに影響を与えることはほぼないです。
作中で流れる時間は歩鳥の高校生活3年間のみで、色々な出来事は起きますが、それによって現実的にありえない方向に舵が切られることはないです。
例えば、序盤に歩鳥のアルバイトをしている喫茶店のオーナーの死別した夫の幽霊が出てくる話がありますが、その幽霊は作中登場キャラクターに気づかれることはなく、歩鳥の日常に関わることはないといった感じです。
非日常だけど、あくまでも日常の中で生活している歩鳥と仲間たちの日々が綴られます。

ただ、普通に読んでいると、数話で読者は違和感を感じます。
わかりやすいところで、6巻で歩鳥の髪型がベリーショートになってしまうのですが、次の話では髪型がもとに戻ります。そして、数話後でまた同じ髪型になっています。
話が時系列ではなくシャッフルされていて、それでよくよく読んでみると、どこか話がつながっていることに気づくわけです。
例えば、歩鳥の友人でひとつ上の「紺先輩」は11話で登場するのですが、よく見ると3話のモブに紺先輩がいて、11話で歩鳥を以前目撃したことを告げています。
また、気づいたらぎょっとするのですが、時系列的には後で出てくる幽霊が、よく見ると別のストーリーの一コマにいたりします。
文化祭の劇の話やバンドを組む話、放火魔の話など、各所にパズルのように分解されたストーリーのピースが散りばめられていて、10年以上の長期連載の中どうやったらこんなプロットができるのか驚く作りになっています。
初期に描かれたストーリーが実は時系列的には後半の話で、最終回につながっていたことが後でわかるような話もあり、読み終えた後で時系列順に読み返してみるのも楽しい作品だと思います。

ラストは"それ町"らしい終わり方でした。
気づいていたのかと、そういえばそういう伏線は何度もあったなーと思いました。
後で、『どこでどうやって』と考察する余地も与えられているあたり、読者を探偵に変えさせてくれる終わり方だと思いました。
よくある日常系と思いきや、かなり深い作品です。

すべて表示

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...