井上雄彦

Takaaki7749、masososo、他19人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

井上 雄彦(いのうえ たけひこ、本名:成合 雄彦(なりあい たけひこ)、1967年1月12日 - )は、日本の漫画家。鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身。血液型はB型。

5

並び替え:

清春、野宮、高橋の3人の心の変わりようが細かく描かれている。試合の部分も短いとはいえ、スラムダンクの山王戦とちょっと近い書き方をしてる気がする。高橋の今後が気になる。連載ペースをもうちょいあげてほしいby なかりょー (30)

井上先生が天才であることを再認識する以上に、その描写具合が『鬼才』であり『芸術家の域に達してしまった』ことを突き付けられる作品です。 誰もが知っている宮本武蔵を面白くするということが実は難しいのですが、佐々木小次郎の設定を筆頭に、キャラの立て方も上手で、かつ、墨で描き出すことで、キャラの魂までをありありと描写しています。 これは漫画を超えている… あ、でもほんと、ちゃんと完結させてください、と、祈るばかりです…by ゲームプロデューサー (15)

わかってます。もはや語るまでもないと… ベタと言われようと、マンガ10選の1つです。 バスケ漫画のパイオニアとしてジャンプで成功させたということが革命なんですよ。 まず、絵のうまさということは大きなヒット要因ですが、実は80年代の熱血キャラ設定に対し、スラムダンクのキャラたちは、はっきりと一線を画して作られていたことが本当に大きいのです。 80年代に少年だった読者が、大人になっていくにつれ、受け入れられなくなる子供っぽいキャラ設定の他漫画に対し、スラムダンクのキャラはみな大人として描かれることで、読者がそうあってほしい、というカッコよさを持ったキャラとして育っていったのです。 その集大成で最高峰がvs山王工業戦であり、そりゃあれ以上の試合は二度と書けないと、井上先生も発言するよなぁと。by ゲームプロデューサー (15)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +