板垣恵介さんの作品の書影

板垣恵介

ファンになる

作品数:24

ながやさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

板垣 恵介(いたがき けいすけ、1957年4月4日 - )は、日本の漫画家。北海道釧路市出身。本名・板垣博之(いたがき ひろゆき)。主に格闘技を題材とした作品を得意としている。座右の銘は「不自然主義」。

板垣恵介の作品

一覧
『グラップラー刃牙』の書影

グラップラー刃牙

3.82

23756

発刊: 1992.1.6 ~

完結・全42巻

範馬刃牙は“地上最強の生物”=父を超えるため、最強を名乗る男達と戦う! 格闘まんがの決定版!

『バキ』の書影

バキ

3.78

20164

発刊: 2000.0.6 ~

完結・全31巻

その強さのため、闇に隠れし最強の死刑囚5人。脱獄し、東京を目指す。彼らの目的は刃牙と闘うコト!

『範馬刃牙』の書影

範馬刃牙

3.76

17181

発刊: 2006.3.5 ~

完結・全38巻

地上最強の生物・範馬勇次郎VS地上最強の高校生・範馬刃牙。かつてないスケールの親子喧嘩がここに開幕!! だれも体感したことのない闘い、見たこともない敵、すべてが刃牙をおそうッッ!!

『刃牙道』の書影

刃牙道

3.50

12166

発刊: 2014.4.4 ~

完結・全22巻

地上最強の生物である父・範馬勇次郎との史上最大の親子喧嘩を終え、範馬刃牙は今…!? 一方、強き者に焦がれる徳川翁は“神に背く”空前の大実験を執り行う!! シリーズ第四章、ついに開幕!! 今、強さの歴史が変わるッッ!!

『バキ道』の書影

バキ道

3.37

4809

発刊: 2019.2.5 ~

既刊12巻

角力(相撲)の「祖」であり、日本最古の公式試合の勝者である野見宿禰。 その「宿禰」の称号を継ぐ者が現世にいることを知らされる刃牙。 脆くて壊れやすい炭素の塊をこの世で一番硬質い物質であるダイヤモンドに変える超絶握力をもつ男が -日本最古にして最強の「相撲」の神が-バキの前に立ちはだかる。

大ヒットコミック『バキ』外伝ついに登場!!『バキ』登場キャラの中でも圧倒的な人気を誇る、日本一の喧嘩師・花山薫。無敵の拳を持つこの男の「男を魅せる男の美学」が全面展開!!

『グラップラー刃牙 外伝』の書影

グラップラー刃牙 外伝

3.46

3925

発刊: 1999.10.1 ~

既刊1巻

プロレス界の2台大巨頭、マウント斗羽とアントニオ猪狩が互いの思いを胸二つ追いに激突する!! 強いのはどっちだ!?

『グラップラー刃牙 完全版』の書影

グラップラー刃牙 完全版

3.52

2925

発刊: 2007.11.5 ~

完結・全24巻

範馬刃牙は“地上最強の生物”=父を超えるため、最強を名乗る男達と戦う! 格闘まんがの決定版!

『SAGA / 性』の書影

SAGA / 性

3.37

2432

発刊: 2002.10.5 ~

既刊1巻

男が雄であるために、避けて通れないもう一つの真剣勝負。天才格闘家・範馬刃牙が初めてのセックスに挑む!!戦い続けた少年の中で、覚醒する男の性[SAGA]!!最高峰格闘漫画、衝撃の新境地!!

『餓狼伝』の書影

餓狼伝

3.45

2418

発刊: ~

完結・全29巻

空手家、プロレスラー、武人…あらゆる格闘技の強者を相手に、抑えきれぬ闘争本能を…抽出に抽出を重ねた格闘成分を…全てその拳に乗せ、叩きつける男がいた!!! 男の名は、丹波文七。「最強」の頂を欲してやまぬ男の生き様をここに記す。不滅の格闘神話、新書判で刊行!! カバーイラストは全巻新たに描き下ろし!!

夢枕獏の格闘小説・餓狼伝のコミカライズ。 作画は刃牙シリーズの板垣恵介氏です。 1996年から連載開始していますが、連載誌の休刊・廃刊が重なったせいで休載と転籍を繰り返し、最終的には週刊少年チャンピオン連載になった様子です(多分)。 ただ、最後に掲載されたのが2011年のことで、新たなる強者が現れたところで以降休載状態になり、続編が出る様子のないまま本日になっています。 原作のあるマンガですが、かなり板垣恵介アレンジされているようなので、その後の展開は小説で読むこともできないため、続筆を願います。 ただ、本作の連載開始が"グラップラー刃牙"連載中、休載に入ったのが"範馬刃牙"の後期と、刃牙シリーズも脂の乗っていた時期なので、無理に続編は描かず闘いは続くENDとしてしまった方がいいかもと思わなくもないですね。 特定の流派に属さない、ただ最強のみを目指す格闘家「丹波文七」が主人公。 プロレスリング団体・FAWのリングに殴り込みをかけたり、竹宮流柔術の師範に喧嘩をしかけるなど、様々な分野の強者と戦いを繰り返す内容となります。 中盤までは丹波文七が主人公で、途中、FAW社長、グレート巽の過去話なども挟まるのですが、それも含めてとてもおもしろかったです。 個人的なベストバウトはやはり文七vs堤城平につきます。 リングの上で、余計な解説や対話、はったりは無し、とにかく相手を痛めつけてまいったと言わせる。 言わないなら再起不能になるまでボコボコにするという、"男同志の遊び"が楽しげに描かれており、燃えるものがありました。 また、過去編ですが、グレート巽vsクライベイビーサクラも良かった。 他の格闘家も個性的で、格闘漫画として名作だと思います。 ただ、中盤以降、北辰会館主催の異種格闘技トーナメントが始まった以降は、トーナメントに出場しなかった丹波文七は解説役にまわり、初登場のキャラ紹介と使用する技術の解説や、初登場のキャラの過去の説明に比重が置かれます。 終盤もいきなり出てきた新キャラが堤をタコ殴りにするので、正直どうなのかと。 トーナメント優勝者は、北辰会館館長の松尾象山とヤラせてもらえるという話だったのですが、その約束がうやむやのままとなっているので、新キャラよりもそっちを描いて欲しいと思いました。 この辺り原作ではどうなっているのでしょうか。 読んでみたいですが、原作も未完なんですよねー。

by うにたべたい (411)
すべて表示(24)

作品レビュー

一覧
Xx_K_xXさんのアイコン

Xx_K_xX

Xx_K_xX
3ヶ月前

4.5

42巻まで読みました

1冊3分で読めるのでオススメ

グラップラー刃牙

レビュー(416)件

完結・全42巻

SFFさんのアイコン

SFF

aud35364
5ヶ月前

3.5

42巻まで読みました

格闘漫画といえば

グラップラー刃牙

レビュー(416)件

完結・全42巻

すべて表示(1833)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...