鬼頭莫宏さんの作品の書影

鬼頭莫宏

ファンになる

作品数:15

sosuke_mさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

鬼頭 莫宏(きとう もひろ、1966年8月8日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。愛知県出身。男性。名古屋工業大学工学部卒業。既婚。血液型A型。趣味はバイク(自転車)。1987年『週刊少年サンデー』にてデビュー。その後、会社勤めやきくち正太のアシスタントを経て、1995年『月刊アフタヌーン』で再デビュー。主な作品に『なるたる』、『ぼくらの』など。特徴的な華奢な人物造形で、主として少年少女を主人公としたシリアスで陰鬱なSF作品を描く。

鬼頭莫宏の作品

一覧
『ぼくらの』の書影

ぼくらの

3.89

14239

発刊: 2004.5.3 ~

通常版・他1作品

突如現れた2体のロボット。1体をココペリが操り、もう1体の“敵”との戦闘が開始される。自らを宇宙人と明かすココペリは、最初の戦いを終えると「この後は君たちが地球を守るんだ」と言って姿を消してしまう。これは、本当にただのゲームなのか…? 15人の戦いが、いま幕を開ける!!

『なるたる』の書影

なるたる

3.74

4922

発刊: 1998.7.3 ~

完結・全12巻

星が、その子を導く――。今年小学校6年生の玉依(たまい)シイナが島で出会った、人の認識外のモノたち・乙姫、成竜、そしてホシ丸。シイナの日常が今、ゆっくりと、しかし確実に変わりだす。少年少女が織り成す、地球的スケールの物語が始まった!!

『のりりん』の書影

のりりん

3.40

1991

発刊: 2010.6.5 ~

完結・全11巻

大人の青春は自転車から始まる!――自転車乗りを頑なに拒む青年・丸子一典(まりこ・かずのり/28歳・彼女なし)が出会ったのは、キュートな女子高生ロードレーサー・織田輪(おだ・りん)。危うくリンを車で轢きそうになってしまったノリに、彼女は自転車に乗ることを勧めようとするが……。

『ヴァンデミエールの翼』の書影

ヴァンデミエールの翼

3.54

1410

発刊: 1997.3.1 ~

完結・全2巻

ヴァンデミエール、それは魂を宿した自動人形。造り物の身体に生を受けた彼女は、自由と自立を求め、創造主のもとを飛び立つ。あるときは小さな村で少年に導かれ、あるときは興行飛行士の命の代償に自らを差し出して。19世紀のヨーロッパに似た世界を、少女人形が駆け抜ける。飛べない翼を、せいいっぱい広げて。

『殻都市の夢』の書影

殻都市の夢

3.73

1396

発刊: 2005.10.2 ~

既刊1巻

愛ゆえに禁忌を犯した男、3年間だけ命を与えられた餓死寸前の少女、「街」を愛してしまった青年、愛する妻のために生き返った死者…。その身に殻をまとうように成長し続ける「外殻都市」を舞台に繰り広げられる、哀しくも切ない夢の残滓――全7編。鬼頭莫宏が描く、切なさあふれるヒューマン・ファンタジー!いつか存在した、忘れられた都市の物語。

『終わりと始まりのマイルス』の書影

終わりと始まりのマイルス

3.58

1374

発刊: 2009.2.4 ~

既刊1巻

鬼才・鬼頭莫宏が描く、キの満ちた不思議な世界――。 「この子は空に還る時だね」 万物が宙に浮いている世界オービスワーヌス=空環。そんなオービスでキ祷師を生業としながら、巨大な戦艦から権化したキ神・ギカクと共に暮らすマイルス。キ物に込められた様々な““思い””を空に還します。 番外編「オービスワーヌスの世界」つき。

『なにかもちがってますか』の書影

なにかもちがってますか

3.15

1364

発刊: 2011.0.5 ~

完結・全5巻

『なるたる』『ぼくらの』『のりりん』など、常に話題作を発表し続ける鬼頭莫宏が世直しに挑んだ(?)意欲作! 謎めいた転校生・一社高蔵は、同じクラスの日比野光が持つ超能力に気づいた。そしてその力を、世の中の間違いを正すために使うよう、日比野に強要する! そんな彼が提案した、世直しのための第一歩、それは「携帯電話を使いながら車を運転してる奴を殺せ」!

『なるたる 新装版 』の書影

なるたる 新装版

3.71

1356

発刊: 2017.5.5 ~

完結・全8巻

小学6年生の玉依シイナが出会った、ヒトの認識外のモノたち──乙姫、成竜、ホシ丸。そして、異形のナイフをふりかざす少年は語る。「世界のカタチを変える」と。シイナの日常はゆっくりと変わり始め、地球的スケールの物語が幕を開ける。『ぼくらの』『なにかもちがってますか』『双子の帝國』など、独自の世界観と死生観で支持を集める異才・鬼頭莫宏の初期長編ストーリーが、描き下ろしカバーの新装版となって待望の登場!

『残暑』の書影

残暑

3.46

1352

発刊: 2004.5.3 ~

完結・全1巻

1987年デビュー作『残暑』から、2004年8月号に「月刊イッキ」で掲載された『ポチの居場所』まで。『ぼくらの』のSF世界とは対照的な、郷愁を感じさせる淡い日常のストーリー全7話。

『ヨリシロトランク』の書影

ヨリシロトランク

3.17

1031

発刊: 2020.8.3 ~

既刊3巻

構想10年ーー『なるたる』『ぼくらの』の鬼頭莫宏が描く絶望と希望、そして切実な「祈り」の新・異世界物語。 ある日、世界は「改変者」と自らを名乗る少女によって新ルールに書き換えられた。殺した人間を殺せば、殺された人間が蘇る因果応報の世の中に。娘を生き返らせたい父親、身重の婚約者を救うために死ぬ男、罪を償いたいヤクザ…。死者への想いを抱えながら生きる者たちの暗闇と光の物語。

すべて表示(15)

作品レビュー

一覧

4.6

11巻まで読みました

近未来もののロボットマンガです。
夏休みに自然学校に参加した15人の少年少女たちが、ひょんなことから地球を守るために巨大ロボットを操ることになる話。

自然学校に参加した15人の少年少女は、海沿いの洞窟で「ココペリ」と名乗る男に出会います。
その男にゲームを持ちかけられた少年少女たちは、興味本位でココペリと契約し、巨大ロボットに乗り込む。
チュートリアルとしてココペリが操縦するロボットが、敵の黒いロボットを撃破すると、ココペリは姿を消し、「コエムシ」と名乗るクチの悪いマスコットが待っていた。
少年少女の内の一人、「和久 隆(ワク)」は、ココペリの戦闘の後で声を聞き、次のパイロットが自分だと知る。
そして、再び現れた黒いロボットを倒すため、ワクはロボットに搭乗する、という展開です。

あらすじだけ読むと、勇者シリーズとかエルドランシリーズとか、子供たちがロボットを操縦して悪いロボットをやっつける系の作品っぽいです。
ですが、子供向けっぽいのは導入時の設定のみで、その後の展開はエドワード・ゴーリーの絵本を彷彿させるブラックっぷり。
間違っても子供に読ませるマンガではないと思います。

15人の少年少女は、そのロボット"ジアース"がマガジンだとすると、そこにセットされた弾丸のようなもので、一度操縦桿を握ると勝とうが負けようが命を失ってしまうことが決定づけられています。
地球を守る戦いなので、負けると地球が滅亡し、勝っても操縦者は死んでしまうという鬼畜展開。
思わず泣き叫び、絶望し、自暴自棄に走ると思いきや、そういう行動に出たのは一人だけで、後の子どもたちは異様なほど冷静です。
その子どもたちにも裏事情があり、キャラによりますが結構きついものを背負っています。
一人ずつランダムに選出される子供の、それぞれの事情、そんな中やってくる敵ロボットとのバトルにより、想いを託し死んでゆくドラマが展開され、毎話毎話なんともいえない誤読感が読み手を苛みます。
ジアースの戦う敵の正体も、なんというか非常に悲劇的で、全体的に暗い作品です。

ただ、暗い気持ちにはなるものの引き込まれる作品で、凄い単位で人が死にますが、グロ描写は無く、心に訴えてきます。
アニメの主題歌『アンインストール』はニコニコ動画で一時期大人気だったため、そこから本作の知名度も高く、意外とみんな知ってる作品だったりします。
万人受けはしませんが、名作だと思います。

ぼくらの

レビュー(238)件

完結・全11巻

すべて表示(463)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...