星野桂

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

星野 桂(ほしの かつら、1980年4月21日 - )は、日本の漫画家。滋賀県出身。女性。血液型はO型。本名は非公開。代表作は『D.Gray-man』。同作は『週刊少年ジャンプ』誌上で連載していたが、2009年11月より『ジャンプスクエア』へ移籍。

5

並び替え:

D.Gray-man

3.20

1652

35

発刊:2004.10.04

既刊26巻

作品情報ページ

【ダークファワタジーを遺憾なく発揮してる作品】 ノアの箱舟崩壊までがピーク(12-14巻)。個人的に好きなのは最高潮まで高まる過程(7-9巻あたり)。各キャラクターが奮闘しながらも同じゴールを目指す様はワクワクした。 8巻くらいまでは画面も暗い暗い。週刊連載なのに書き込みがすごい。8巻前後の造形や雰囲気、ストーリーに読み応えあり。ダークファンタジーにピッタリ。 15巻以降は各々の思惑が絡まりみんな見ている方向が様々なため、ノアの箱舟崩壊ほどのワクワクし少年マンガらしさを感じるのは減ってしまった。 また今は、描く方法をデジタルに移行した事も長年描いて絵柄も変化した事も、長期に休んだともあり、初期ほどのダークさは感じない。12-14巻あたりからコマ割りも斬新になり読みづらくなった。 やはり作品に対するモチベーションの維持は大変なんだろうと思う。 ただ好きな作品ではあるから結末は知りたいし、完結したら一気読みすると思う。 読んで後悔はしない是非進めたい作品ではある。 体調に気をつけて描き切ってくれたら幸いです。と願うばかり。by サックサク (111)

1

この作者に関する記事