コミスペ!ライターのおすすめ作品

並び替え:

学ランの中までさわって欲しい

3.43

1444

9

発刊:2019.03.08

完結・全2巻

ノンケxゲイの高校生BL。 社会人BLで定番の「ノンケは一時的にゲイと寝てもいずれは女に戻って行く」…というゲイ側の葛藤を高校生でも。 好きな人と触れ合う為にセフレを装うほど臆病だった主人公が、いつしか偏見と戦うまでに成長する姿は胸が熱くなる! ……あと学ラン着たままエッチも中々エロくて良いです。by おおがらす (431)

ご飯は私を裏切らない

3.19

959

9

発刊:2020.08.04

完結・全1巻

記事を見て興味を持ちましたが、とにかく画面が見ずらく文章詰め込みすぎ、文字が絵にかかると識別しにくいストレスで疲れました。 裏切る裏切らない以前に、作者の独りよがりな誌面を改善して欲しい漫画。by さんちゃん (2)

ガツンときた!! トリガーのアニメを見ているような疾走感溢れるハイテンションなコマ割り。そこから一気に突き落とすような感情の起伏、可愛い絵と不気味な絵の高低差が本当に凄い。。。「自殺者が死んでしまったのは誰のせいでもありません。環境のせいでも社会のせいでも親のせいでも人間関係のせいでも…生まれつき遺伝子のせいでもない。すべて『フォビア』に殺されたのです。『フォビア』はこの自殺大国日本に巣食う歴史上最強最悪の害敵なのです」。現代社会に爆誕した魔法少女はフォビアを根絶するために立ち向かう。by sosuke_m (563)

九龍ジェネリックロマンスという漫画を読んだ。 「懐かしいという感情は恋と同じ」という台詞が本作にはある。 その言葉の意味を具体的に理解することは難しいが、言わんとしていることは漠然とわかる。 未来を舞台にした作品にも関わらず「懐かしい」と感じてしまうラブストーリー。 どれだけ時代が進んでも恋愛は普遍的なものなのかも知れない。 味のあるノスタルジーなSFラブストーリーだなぁと思いながら読んでいた。 しかし、この作品はどうやらそれだけではないようだ、、、。 今後の展開が気になる。by ヒノデ (67)

どこか自分が空っぽなのではないかと生きるOLの唯衣子が美容師である榛名に声をかけられて始まる大人の恋愛を描いている。 榛名さんの誰も特別視しないような恋愛の仕方や大人の余裕が、女性を不安にさせるんだろうな…。そして、その深みにハマって女性がメンヘラ化していく、そんな様を丁寧に描いていると思う。 何か足りないような心地で生きていた唯衣子が榛名と恋愛することで、沸騰するような熱い思いに気づけたのが素敵なので、傷ついてほしくないと思うばかり。by れとれとさん (673)

1巻 ☆5 → 2巻 ☆5 原作 赤坂アカ× 漫画 横槍メンゴ のまさに天才どうしが産んだ作品。 赤坂アカ先生は『ib-instant ballet-』や『かぐや様は告らせたい』、横槍メンゴ先生は『君は淫らな僕の女王』、『クズの本懐』をリアルタイムで追ってたので、まさにおふたりのタッグは個人的にすごく嬉しい。 本作『推しの子』はいわゆる"転生モノ"で、1巻では表紙の天才アイドル「星野アイ」に焦点が十分にあてられ進むが、最終話あたりでは急転直下、アイの子供に転生した双子の兄妹が主人公に切り替わる。 その辺りの明暗のストーリーの書き分けと作画の落差がとてもマッチしている。 赤坂アカ先生の原作は、読み進めると確かにibのダークさとかぐやのギャグのノリがあって、確かにこれはアカ先生の作品だとわかる。 一方で、漫画の横槍メンゴ先生は赤坂アカ先生の産み出した「天才アイドル」の光の部分と「転生した双子」の闇の部分を十二分に描き出していて、その画面に起こす凄さは『クズの本懐』からも窺える。 また『かぐや』と世界設定が同じと思われ、それをメンゴ先生の作画で読めるのはファンには嬉しい限り。 アカ先生とメンゴ先生の息の合った構成はおふたりのツイキャスを聴くとわかるように、本当にプライベートでも仲が良いことによる(Twitterのやりとりでもわかる)んだろう。 まさに"約束された神作"である。by せーふぁ (506)

「終末のワルキューレ」という漫画を読んだ。 本作は、一言で言うなら男子の大好物だ。 「誰もが知っているであろう神々」と「誰もが知っているであろう歴史上の人物達」の戦いを描いた作品。 そして、この決死の戦いに賭されているものは人類の存続だ。 ド直球な内容であるが故に、何も考えずにワクワクしながら読める作品。 この漫画を手に取り開いたのならば、僕らは決死の戦いの目撃者でありオーディエンスだ。 例えば、サッカーを知らなくてもワールドカップを楽しめるのは自分達の国を代表する者達が世界と戦っている姿を無意識のうちに応援したくなるからだ。 つまり、この漫画は何も知らなくても良い。 奇遇にも僕らは人類なので、人類を応援しながら無邪気に心躍らせて楽しめば良い。 皆で、フィクションに酔いしれようじゃないか。by ヒノデ (67)

12345