この漫画のレビュー

5.0
4.0
3.0
2.0
1.0
3.92

192件の評価

4.6

1話完結型の料理漫画です。
妻を病で亡くし、幼稚園児の娘と二人暮しとなってしまった親娘の物語で、料理が得意で凝ったものばかりを作っていた母親と違い、父は料理が全くできず、毎日コンビニ弁当や外食に頼っていた。
そんな折、母親に花見をすっぽかされて1人でお弁当を食べていた女子高生に出会い、彼女の母が経営する和食店で一緒にご飯を炊いたことをきっかけに、3人で料理を作る楽しみに目覚めるという話。
主役は妻に先立たれた男性・犬塚公平と、その幼稚園児の娘・つむぎ、女子高生の飯田小鳥の3人です。

作成する料理はオムライスやチャーハン、豚汁やカルボナーラなど、家庭料理が中心で、ストーリーの展開上凝った料理を扱う回もありますが、基本的に誰でも作れるものとなっています。
また、毎回料理はしますが、楽しみとしてお食事会を開く展開が多く、作った料理の解説だったりあるいは大袈裟に美味しそうに魅せる描写もなく、いわゆるグルメ漫画とは違っていると思います。
つむぎは他人の気持ちを慮り、自らの行いを悔み自主的に反省する、ファンタジーレベルでいい子なので、育児マンガというべきでもないと思います。

アニメの方は分からないですが、漫画は毎話といっていいほど泣かせに来ます。
葛藤、人間関係の悩み等があって、辛い気持ちになっても、みんなでおいしいものを食べれば元気になれる、というのが本作のテーマだと思いました。
悲しいことがあっても乗り越えて、楽しいことはみんなで分かちあって、少しまた少し成長していくキャラクターたちを見て、ほっこりとさせるような、そんな内容となっています。
なお、中盤でつむぎが小学校に進学し、小鳥が高校を卒業するなど、キャラクターが成長する系の物語で、幼児体型だったつむぎが成長に伴いスラリとしてきたりします。
その辺も、読んでいて嬉しいような、寂しいような、妙な気分にさせてくれました。
読んでいて嬉しい気持ちにさせてくれる作品です。名作です。

5.0

12巻まで読みました

 『甘々と稲妻』が好きな要素はたくさんあります。「飯田小鳥ちゃんがとても可愛いから(おそらく小鳥ちゃんの痛バを持っている人は私しかいないと思います)」、「つむぎちゃんはあんなに幼いのに感情移入が出来てしまうから」、「公平さんを応援せざるを得ないから」…挙げたらキリがありません。

 しかし、私の中で一番決定的なのは「敢えて哀しくしない作品である」という点です。

 この物語は、「妻を亡くし、男手一つで女の子を育てなくてはならなくなった男性の話」(公平さん)であり、「幼い頃に母親と死別し、多忙な父親に寄り添って暮らす少女の話」(つむぎちゃん)であり、「両親が自分のせいで離婚したと思い、怖くて包丁が握れないけれど、食べることが大好きな女子高生の話」(小鳥ちゃん)であり、「親友と幼馴染みが結婚をし子どもも授かったにも関わらず、幼馴染みが他界してしまい、どう助けたらよいか迷いあぐねている男性の話」(八木ちゃん)でもあります。
 彼らは想像力が豊かで、つい、自分のことを後回しにし、他人のことを考えてしまいます。
 哀しく描こうと思えば、どれだけでも哀しくできる題材です。しかし、ギド先生はその道を選びませんでした。

 「美味しいごはんを皆で作る」、「美味しいごはんを皆で食べる」に焦点を当て、その美しさや大切さを丁寧に紡いでくれました。

 哀しい話の方が共感を呼びやすい世の中を、「美味しい」と「楽しい」と「幸せ」で闘ったギド先生の勇気を尊敬しますし、その闘い方に私は感銘を受けました。
 「この作品は絶対に最後まで読まなければならない」と心に誓いました。
 最後まで読むことができたことを、心の底から嬉しく思います。
 物語はここで終わりますが、公平さんやつむぎちゃん、小鳥ちゃん、八木ちゃんたちの人生は、まだまだ続いていきます。
 武蔵境に足を運んだとき、中央線に乗ったとき、金沢に行ったとき…ふとした瞬間に、私は皆のことを思い出します。
 そして、「今日はどんな夕飯が待っているのだろう」と、我が家の食卓に想いを馳せます。

 私は料理が苦手ですが、いつか両親に、「いろいろあったけれど、大切に育ててくれてありがとう!大好きだよ!」のメッセージを込めたフルコースの手料理を作ろうと決めています。そのメニューは、『甘々と稲妻』を参考にさせてください。こんなにも心が温まり、お腹が空き、前を向いて生きていこうと思わせてくれる作品に出会えた奇跡に感謝をしながら、私も、作品の皆に負けないように、美味しいものをたくさん食べます。

 こんなにも「愛しかない」、素敵な作品に出会えた私は幸せ者です。

名作

12

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...