『この音とまれ!(1)』巻の書影
『この音とまれ!(2)』巻の書影
『この音とまれ!(3)』巻の書影
『この音とまれ!(4)』巻の書影
『この音とまれ!(5)』巻の書影
『この音とまれ!(6)』巻の書影
『この音とまれ!(7)』巻の書影
『この音とまれ!(8)』巻の書影
『この音とまれ!(9)』巻の書影
『この音とまれ!(10)』巻の書影
『この音とまれ!(11)』巻の書影
『この音とまれ!(12)』巻の書影
『この音とまれ!(13)』巻の書影
『この音とまれ!(14)』巻の書影
『この音とまれ!(15)』巻の書影
『この音とまれ!(16)』巻の書影
『この音とまれ!(17)』巻の書影
『この音とまれ!(18)』巻の書影
『この音とまれ!(19)』巻の書影
『この音とまれ!(20)』巻の書影
『この音とまれ!(21)』巻の書影
『この音とまれ!(22)』巻の書影
『この音とまれ!(23)』巻の書影
『この音とまれ!(24)』巻の書影
おおがらすさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

先輩が卒業して箏曲部ただ一人の部員になってしまった武蔵。四月になり新入部員の勧誘に励むのだが、部の存在自体を知らない人も居る状態。そんな彼の前に現れた、見るからに不良で箏とは縁の無さそうな新入生が入部したいと言い出して!?

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...