ビームコミックス

wikiで検索

332

並び替え:

2020/04/25、7巻。たかの。ギャグ。面白くて好き。新田とかクラスメイトのツッコミ好き。最後の終わりの方より、始め〜真ん中くらいがただ笑えて好き。三嶋瞳のとことか異次元過ぎておもろかったー。 ヤクザの男新田の家に能力者女の子ヒナ13歳が突如現れる。ヒナが力で暴力を振るので新田は仕方なく世話をする。どんどん仲良くなっていく。ヒナを連れ戻す為にアンズとイカルガが来た。アンズは機械の故障で帰れなくなってホームレスを経験した後ラーメン屋にお世話になる。すごい良い子で好き。イカルガはよく分からんけどヒナを評価してた。7巻の最後、ヒナを連れて帰ることになったけど帰る機械が無いから他の人に持ってきてもらうことになった。ヒナはそれまで新田家に戻った。で7巻終了。 2020/04/26、18巻。イカルガに呼ばれて来た女の子マオは、無人島に着き1人で生活した後中国に超人と扱われる。後に日本支部で働き、アイドルバンドの一員になる。イカルガは4児の母になる。ヒナは底辺の高校生。アンズは独り立ちし屋台のラーメン屋で細々暮らす。三嶋瞳は高校生をやりつつコンサル会社企業し社長に。自分で経歴詐称暴露してアメリカに逃げアメリカ会社のCEOになる。18巻最後らへんは、ザックリ見でよくわからんけど、未来の安全のためにロックイリュージョンでアツシを満足させなきゃで、ヒナアンズマオでアイドルロックやる。瞳がプロデュースしてたのが職権乱用だと言われ問題になり記者会見して成功した。次巻、世間が待望のロックイリュージョンが行われる‼︎ってとこで終了。 2020/08/19、19。内容あんま覚えてなかったのと、終わりに行ってる感じので、そんな気持ち上がらんかったけど。まぁ皆の先が分かって終えて良かったーて感じ。普通に面白かった。by lrvgfpcjwbxjlq (632)

◆こんな方にオススメ ・昔はファンタジーが好きだった ・グルメ スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー とにかく笑っちゃうストーリーなんですが、一見ファンタジーな世界がリアルに作り込まれていて、いろいろなファンタジー要素や背景、出来事に理由(ヘンテコなものが多い)が付いています。私はただのファンタジーはあまり好きではないのですが、この漫画は例外です。 ◎画 クセはありますが、わりと万人受けしそうな気がします。by Rodan先生 (49)

水野と茶山

3.51

696

8

発刊:2020.01.11

完結・全2巻

水野と茶山 上下巻 田舎の次期市長の娘と、地元を牛耳る企業の娘の百合漫画。 田舎の閉鎖空間での思春期特有のもどかしさ、どうしようもないスクールカースト、とその中でもがく水野と茶山。 上下巻でわりときっちりまとめている印象。 あと荒々しい描写がすごく好き。 by せーふぁ (352)

3往復してやっと流れが掴めてきた、ような気がしなくもなくもない。いわんや言語化をや 明らかに現実世界では有り得ない/読者を置いてけぼりにしたかのような描写といい、権威やそれに盲従し威を借る大衆への剥き出しの嫌悪といい、これは新井英樹の内面世界が漫画という媒体を経由し現れたものの様に思える。 これこそが、(『御緩漫玉日記』で精神を使い果たした桜玉吉に代わり)コミックビームに現れた、エッセイ漫画の極北ではないか。by (212)

12345