乙嫁語り

森薫

4.09

9058

発刊:2009.10.15 〜

既刊13巻

『乙嫁語り(1)』巻の書影
『乙嫁語り(2)』巻の書影
『乙嫁語り(3)』巻の書影
『乙嫁語り(4)』巻の書影
『乙嫁語り(5)』巻の書影
『乙嫁語り(6)』巻の書影
『乙嫁語り(7)』巻の書影
『乙嫁語り(8)』巻の書影
『乙嫁語り(9)』巻の書影
『乙嫁語り(10)』巻の書影
『乙嫁語り(11)』巻の書影
『乙嫁語り(12)』巻の書影
『乙嫁語り(13)』巻の書影
山田邦明さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

中央ユーラシアに暮らす、遊牧民と定住民の昼と夜。 美貌の娘・アミル(20歳)が嫁いだ相手は、若干12歳の少年・カルルク。遊牧民と定住民、8歳の年の差を越えて、ふたりは結ばれるのか……? 『エマ』で19世紀末の英国を活写した森薫の最新作はシルクロードの生活文化。馬の背に乗り弓を構え、悠久の大地に生きるキャラクターたちの物語!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...