久慈光久

しゃもじお兄さん、peikooがファンになりました。

wikiで検索

3

並び替え:

甲冑武闘

3.04

296

1

発刊:2019.04.15

既刊1巻

作品情報ページ

西洋甲冑でのバトルシリーズかと思いきや、実は短編集。一話目が表紙にもなっている騎士道ファイトで、全然関係ない話も収録されていて驚き。しかし、その1話目と古代ローマの女剣奴の話2作は、剣術と盾術、タックルとテイクダウンを組み合わせたバトル描写が素敵。同作者の狼の口がとても気になりました!by しゃもじお兄さん (272)

非常に残酷でベルセルクを思い出す無慈悲の連続だった。しかし驚くべきはこれが史実を下敷きにしてるということで、遠い昔の遠く離れた国の歴史をこれだけ生々しく(身近に)描けるのは漫画の特権だと思った。漫画は自閉的で記号的だとよく批判されるが、だからこそ空から落ちてきた少女の御伽噺や近所の幼馴染との恋愛と同レベルのリアリティで人類の負の歴史も描いてしまう。それはこの作品とともにヴィンランドサガやヒストリエやアンゴルモアが証明してきたではないか。その創作上の無邪気さが漫画の欠点でもあり長所でもある。いくら四肢が切断されても、頭部が転がっても記号的な身体は内面を表現できない。でもだからこそ容易に世界に届いてしまう。by なかがわ (104)

1

この作者に関する記事