ランド 」の検索結果

162

並び替え:

    190611現在。ストーリー面白いのにそこまでどハマりしないかも。3.5☆ 0613現在。7巻オジサンとシェルターを出てミネルヴァ探しでゴールディポンドへ、森で初鬼会いヤバイ!で終了。☆4.0訂正。 0614現在12巻終了。竜の遺跡も見つけたしこれから昼と夜の金の池と寺に行こうって時にシェルターに敵襲、子供達は逃げて森へ、ユウゴとルーカスは戦う。一つ一つ謎を解き明かす感じと戦いシーンにワクワクハラハラで引き込まれる。☆4.5訂正。 2019/06/17、14巻。ユウゴとルーカスは戦い死ぬ、子供達はミネルヴァの電話頼りに秘密基地へ、ノーマンは鬼の絶滅を計画して皆も賛成だがエマは殺したくない協調し合いたいが。 2019/08/24、15巻。エマは絶滅させたくない。ノーマンは自分が犠牲になろうとも皆を救いたく鬼を滅ぼしたい。エマは七つの壁へ行くことに。ノーマンが計画実行するまでに帰って来なければ絶滅させると約束。七つの壁の入り口を開いたらGFの家があって迷路で。133話まで。 2020/04/16。16巻143話まで。エマとレイは迷路を攻略した。エマは七つの壁で鬼の頂点の奴と会う、レイは家に帰らされる。エマは約束を持ちかける、そのかわりご褒美を求められる(内容はまだ分からない)。ノーマンからの命令でドンとギルダはソンジュ達(邪血)を探す。ノーマンは邪血を殺したく、ドンギルダは殺したくない。人間語を喋らない(フリの)アイシュとノーマンの馬鹿な部下と一緒に。だけど予想外にアイシュはノーマンを恨んでて鬼側だからドンギルダ側で、馬鹿な部下が実はノーマン側で刺客と連絡を取ってる。最後、ソンジュ達見つけて、部下が連絡したから刺客達も現れてバトる⁉︎ってとこで終了。 17巻。ソンジュ達とギルダ達は話し合い解決。ソンジュ達がギルダ達を助けてくれることに。ノーマンは鬼の王都の町の鬼全てを殺そうとしている。エマ達ギルダソンジュ達も、ノーマンに鬼を殺させないように王都に駆けつける。町の鬼達はソンジュ達のお陰で助かりそう。だけどノーマンは鬼の貴族達らへん全員殺した、所で終了。アジトの方では、ラートリー(ミネルヴァの弟で悪い奴)が人間を捕まえようと2000の鬼の王軍を連れてアジトを探している。 18巻153〜161話。ノーマンとエマレイは話し合い、鬼の全滅を辞めることにした。気持ちを固め、アジトに皆を助けるためため帰ると、アジトは既にラートリーの軍に見つかり、子供達は近くの保管所(GF←エマ達の育った施設・農園)に監禁されていた。エマ達10人ちょいで明らかに無理そうだけど助けに行こうと決めるで終了。王都のムジカ達はラートリーの根回しで鬼達に捕まる。処刑される予定に。 162〜175話ジャンプ20号。(19巻は162〜171話まで。)エマ達vs.ラートリーと王兵2000。トラブルありつつも、エマ達がラートリーを追い詰める。シスター達もママの事前の説得のお陰で味方についた。エマはラートリーに殺さないよ共に世界を変えようと説得するが、ラートリーは心を清めながら自殺する。ムジカ達の処刑は大公レウウィスが何故か生きてて助けてくれた(核が2個あったらしい)(王族はたまに核2個あるらしい。普通無いけど。家族構成は姉女王、兄レウウィス、弟ソンジュ。)。王都民間の鬼に邪血は本当は素晴らしいものだと事実を教えて助けた。農園廃止論も発表した。民間の鬼も賛成する。新王には皆の賛成でムジカがなる。 2020/10/07、20巻最終。ムジカ王になった。鬼界で人間廃止なる、反対したある鬼がGFを襲う、ママが犠牲になって助けてくれる、子供達とママの愛を確認しつつ死ぬ。七つの壁の鬼の頂点の奴とエマの約束で、鬼界の人間全てを人間界に送る約束する。エマは皆にごほうび(代償)は無いと言ったが、本当はエマの全ての記憶を消し間接的に家族を奪うというのがごほうびだった。人間界行った後、皆はエマを探す、エマは新しい人生を送る。2年後再会するがエマは覚えていない。が、もう皆が生きてればいいってことになって記憶は戻せないけどこれから共に生きようってなって、皆で幸せに暮らす。終了。 ☆4.0訂正。真ん中らへんがハラドキわくわくだよね。終わったら、最終感想、よかったねって感じで普通。by lrvgfpcjwbxjlq (648)

    「ヴィンランド・サガ」は、私を今までで最も興奮させてくれた作品です。面白さを測る上で続きが読みたくなるかどうかが私にとって基準となるのですが、「ヴィンランド・サガ」は掲載誌のアフタヌーン発売日朝に買いに買いに行くほど続きが気になります。そしてさらに、雑誌で読んでいてもコミックスでも読みたくなります。普段だと、既に雑誌で読んでいるので既読感があると思うのですが、この作品は違います。コミックスで読むとさらに面白く感じます。こう感じる作品は他に出会ったことがありません。 「ヴィンランド・サガ」はトルフィンを主人公とするヴァイキング漫画なのですが、ストーリーが壮大で重厚な大河ドラマになっています。しかも、その大河ドラマを演出するだけの画力を持った幸村先生による作画が素晴らしい!ストーリー、作画どちらを取っても一流の作品で、読まないことは正直、人生の損失だと思うレベルです。「ヴィンランド・サガ」を読めば、人生観が変わると思います!既に22巻まで出ていますが、読んでみると面白すぎて以外と短く感じると思います。実際私も今まで何度も読み返しています。是非、1人でも多くの方に私と同じ感動を味わっていただきたいと思い、レビューさせて頂きました。by かーくん (1)

    エウレカ、スモーキンパレエドの片岡人生×近藤一馬神々の作品。 ある日、謎の赤い男に同級生20数名を皆殺しにされた主人公ガンタは、罪を着せられ死刑囚に。移送先は民間経営の刑務所、デッドマン・ワンダーランドだった。 エウレカのオマージュ?がちょこちょこあって嬉しい。本編は、ラスボス行くまでワクワクして面白かった。ラスボスあたりが急展開すぎたかな? スモーキンパレエドもそうやが、でっかい船と島が好きですね。by せーふぁ (514)

    東西南北に居座る4体の四神(中国神話のではない)。夜に出歩いてはいけない。50歳になると必ず住民は死ぬ。 文明開化以前の世界観が舞台で、はじめはホラーものかと思いました。 しかし、1巻のヒキから本当の世界が提示されます。 極端に医療が発達した未来の日本と、文明開花以前の閉鎖的村社会の日本。 両者の対比を核に、主人公の双子姉妹やその父、友人らが動きます。 勝手にだいぶ期待して読んだんですが、最終巻で「え?」ってなっちゃった。 大作のように見えて実際そうでもない。ガワだけ精巧に作られたハリボテみたいな。皮肉にも『ランド』と同じ。 結局突き詰めると、「命」とか「人生」に集約されていくんだけど、それはそれでいい。 的外れかもしれないけど伊藤計劃の『ハーモニー』みがある。 でも、風呂敷広げすぎて風呂敷の一部分の「命」、「人生」のメッセージ性を大作っぽく仕上げて畳んで、他はまるっと放置みたいな、そんな印象。by せーふぁ (514)

    『健康で文化的な最低限の生活』の柏木ハルコ先生の初期作品。都会の子がうっかり立ち寄った村でのゾッとするような体験。村は性への奔放さが強かったりするし、変な風習があるし、民俗学とか文化人類学的な側面からもおもしろい作品じゃないかな。かなり好き。by タクヤコロク(マンガトリガー編集長) (664)

    グロ、リョナ、アイドル、ギャグのごちゃ混ぜ漫画。 作者も元々その路線で書き切っておられるので、読み手も全力で乗っかって読めます。 国民的トップアイドルグループ「カランドリエ」 メンバーはカレンダーになぞらえて1から31までの31人が在籍しています。 主人公の31は他のメンバーから凄絶なイジメを受けていました。 ある日、メンバーからイジメが度を越して殺されかけ、咄嗟に殺し返してしまいます。 しかし、そこは闇のアイドル業界。「隠蔽体質」の名のもとに何もかも隠蔽されます。 31はこれまでイジメてきたメンバーに、イジメ続けるメンバーに「アイドル道」とはなんたるかを叩き込み(物理的に)、イジメ返していきます。 グロ、リョナ苦手な方はお控えください。by せーふぁ (514)

12345