絢爛たるグランドセーヌ

Cuvie

3.32

1237

発刊:2014.02.20 〜

既刊17巻

『絢爛たるグランドセーヌ(1)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(2)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(3)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(4)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(5)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(6)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(7)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(8)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(9)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(10)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(11)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(12)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(13)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(14)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(15)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(16)』巻の書影
『絢爛たるグランドセーヌ(17)』巻の書影
ばんばんさん、他1人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

優れた観察眼と実行力を備えた少女・奏(かなで)。絢爛たるバレエの世界に魅了された少女は、踊ることの楽しさに目覚め、やがては、世界のグランドセーヌ<大舞台>へと駆けあがっていく。第1巻は、幼少の奏がクラシックバレエに興味を持ち、バレエ教室に通うところから始まり、小学校高学年で、「ドン・キホーテ」第二幕第二場「夢の場」にてキューピッド役をソロで演じるまでを描きます。

はじめての方はこちら

この漫画の詳細情報

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...