いるまーら 」の検索結果

650

並び替え:

    日常系の一つの完成形。 よくある日常系では、○○部の内部の閉じた空間がメインで描かれるが、この作品は違う。ジジババ世代から孫世代までの幅広い層にわたる登場人物に、彼らはそれぞれ異なる人間関係を持っており重層的な世界観を形作っているのである。そのため、「閉じた空間」を描いた作品では、どうしても現実感が欠けてしまいがちになるのに対し、この作品は、今となっては過去の存在になりつつある「人情あふれる下町」を舞台にしているにもかかわらず妙なリアリティがある。登場人物がみな現実の世界の住人であるかのように感じられるのである。 良い日常系作品の条件というのは、人と繋がりあう素晴らしさと、大切な人と過ごす日常の貴重さを伝えてくれることであると私は考えているが、それ町はリアリティがあるだけでなく、この条件も十分すぎるほど満たしている作品である。これはもう文句の付けようがないと言ってもいい。自信を持っておすすめできる作品である。by くるふら (7)

    2巻無料

    私たちはどうかしている

    3.53

    3206

    57

    発刊:2017.04.13

    既刊13巻

    2020/04/26、11巻。 老舗和菓子屋光月庵は大旦那、旦那、妻キョウコ、息子椿。住み込み職人の母、娘なお。椿となおは仲良しで好き合っていた?だろうに、旦那様が死んでなおの母が殺したと椿が言って、なお親子が追放されてスタート。大きくなって、なおは真実を突き止めたく椿の妻になる。互い好きになるがなおは母の復讐の方に気持ちを徹する。火事の際、椿はなおを迎えにいくが倒れた。椿は家を1番に選んだというキョウコの嘘でなおは光月庵を離れる。事件の真実が分かってきた。旦那様となお母は元々恋仲、大旦那が反対してキョウコと結婚したけど全く愛さず。旦那様となお母の子供がなお。キョウコは喜多川父と不倫してその子供が椿。旦那様は自殺か他殺か誰がやったかは分からない。キョウコはなお母に嫉妬していたため犯人に仕立て上げ追放した。なおは恨んだから?両親が大切にしていたから?光月庵を自分が継ぎたいと考えた。喜多川に助けてもらい自分の店花がすみを持つ。喜多川はなおに惚れる。大旦那は光月庵の跡取りをお菓子が美味い方で決めるとした。決着は分からずで11巻終了。 ネットのネタバレで12巻内容見た。なおに決まったが光月庵内でなおは嫌われる。喜多川がなおにアプローチするが喜多川を好きな女が邪魔する。とかだったきがする。by nfqjc (627)

    キャラの生々しい人間味と心理描写のやりとりが非常に秀逸。もともとひねくれてる主人公が成長していく姿はぐっとくる。異世界転生ものに飽き飽きしてる人にこそ読んでもらいたい、全く異なる読み味の作品です。by tomoki (83)

    大好きな漫画です! 最初は入間くんの学生の日常の話だけだと思っていたのですが、ちゃんとバトルシーンもあり、読んでて鳥肌が立つシーンもあります!! 女性が好きそうな漫画という感じでとても安心して読める最高の作品です。by おでん (11)

    2020/04/29、2巻。大学で隣の部屋になって付き合って結婚した。男のが大き過ぎて女に入らない。可哀想だけど良い人々カップル。女の小学校の担当クラスが学級崩壊した。男は何も知らず学級崩壊は担任のせいだよね〜と言う。 2020/06/19、5巻。強い絆の夫婦だけどちんぽが入らずセックスできない。だから子供も産めない。その上妻は勤めるクラスでの学級崩壊、学校の圧、子供を産まないことへの周りからの圧、旦那にも誰にも相談できない苦しさなどストレスで病気を引き起こす。旦那は勤める学校での熱い生徒指導への非難でパニック障害に。想像以上の悩み葛藤苦悩あっただろうが、最後はそれだけじゃないよね的な、仕方ない現実だし受け止めたらスッキリした的な終わり。妻がこっそり書いた本「夫のちんぽが入らない」を出版し、夫にバレたけど認めてくれて、長年の互いの心のわだかまりが取れた。で終了。 まさかのノンフィクションだった。こういう人もいるんだな。by nfqjc (627)

    いくえみらしい周りくどくて上手くいかないストーリー。ちょっとしたことで全てが丸く収まるのにヤキモキする!イライラするから読むのやめたいのに読んでしまう。 そーやって私はこの作家さんの作品何冊よんだかな…ある意味中毒。by シュン (482)

12345