安藤なつみ

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

安藤 なつみ(あんどう なつみ、1月27日 - )は、日本の漫画家。愛知県名古屋市天白区出身。女性。血液型はB型。代表作は小林深雪と手掛けた『キッチンのお姫さま』、『ARISA』。

11

並び替え:

2巻無料

私たちはどうかしている

3.53

3205

57

発刊:2017.04.13

既刊13巻

2020/04/26、11巻。 老舗和菓子屋光月庵は大旦那、旦那、妻キョウコ、息子椿。住み込み職人の母、娘なお。椿となおは仲良しで好き合っていた?だろうに、旦那様が死んでなおの母が殺したと椿が言って、なお親子が追放されてスタート。大きくなって、なおは真実を突き止めたく椿の妻になる。互い好きになるがなおは母の復讐の方に気持ちを徹する。火事の際、椿はなおを迎えにいくが倒れた。椿は家を1番に選んだというキョウコの嘘でなおは光月庵を離れる。事件の真実が分かってきた。旦那様となお母は元々恋仲、大旦那が反対してキョウコと結婚したけど全く愛さず。旦那様となお母の子供がなお。キョウコは喜多川父と不倫してその子供が椿。旦那様は自殺か他殺か誰がやったかは分からない。キョウコはなお母に嫉妬していたため犯人に仕立て上げ追放した。なおは恨んだから?両親が大切にしていたから?光月庵を自分が継ぎたいと考えた。喜多川に助けてもらい自分の店花がすみを持つ。喜多川はなおに惚れる。大旦那は光月庵の跡取りをお菓子が美味い方で決めるとした。決着は分からずで11巻終了。 ネットのネタバレで12巻内容見た。なおに決まったが光月庵内でなおは嫌われる。喜多川がなおにアプローチするが喜多川を好きな女が邪魔する。とかだったきがする。by nfqjc (627)

キッチンのお姫さま

3.00

480

6

発刊:2005.02.04

完結・全10巻

いい意味でなかよし掲載とは思えない。人間のドロドロや上下関係などを上手くマンガの中に組み込んでいるし、まさかの展開もあり、しっかりしたストーリー構成。毎回のナジカのアイディア溢れるお菓子にも魅了される。by れとれとさん (527)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +