集英社文庫

wikiで検索

34

並び替え:

どの編もそれぞれ良さがありますが、私は縁編が好きです。結局、人斬りの罪と剣心が向き合う、それが核の話だと思うので。縁や巴、キャラクターも素晴らしいですが、敵役は魅力に欠けるかな。志々雄編で完全燃焼してしまった感がありますね…… 今年の夏の実写映画も楽しみ! 本当に名作だと思います。by かるすとん (15)

読んでも一切囲碁のルールがわかるようにならないのに何故か恐ろしく面白い漫画。 初手天元だけはわかるようになった。 囲碁なんて渋いジジィどもの娯楽だと思って侮ることなかれ。 ジャンプ漫画からかけ離れたテーマに思えるが、中身は友情努力勝利といったまさにジャンプらしい内容。 自分の囲碁の中に佐為を見つけるのが素敵すぎて何回見ても泣けてしまう。 ここで終わっておけば良かった、日中韓対抗戦は蛇足だと言う人も多いが、普通に私もそう思う。 それでもなお、この作品に対する愛はとどまることを知らない。by sai (4)

台詞回しや演出にふと気になるというか、通常とはズレてる違和感を持たせて気をひくのが上手いと思う。それはハンターハンターでさらにこなれていくわけだけど 冨樫の場合それらはわざとというかはったりな訳だがおそらく確実に彼が多大な影響を受けた鳥山およびドラゴンボールは素でやってるから恐ろしい by なかがわ (109)

雨傘を使ってアバンストラッシュを繰り出す遊びに興じた世代で、リアルタイムでは成長物語の面は特に気にしなかったのですが、あらためて読み返すといいですね。 悪役側の描写で魅力が増していくことが理解できるようになったり、リアルタイムのころとは読み方がだいぶ変わりましたが、それでもなお面白く読めました。by さくらめぷりあ (24)

知らない人はいない名作中の名作。もはや古典と言っても過言ではない。男なら絶対に一度は読むべき1冊! 登場人物やセリフが全てカッコいい。個人的にはシュウとレイが一番好き。 シュウの最期の場面や最終巻のバットのシーンなど何度読んでも涙が止まらない。 カッコよくて、感動する。文句なしの名作。by Ryu (102)

12