小畑健

F、たま、他5人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

小畑 健(おばた たけし、1969年2月11日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。新潟県新潟市出身。血液型はAB型。1985年、「500光年の神話」で手塚賞準入選。高校2年時(1986年)に投稿し佳作入賞した『CYBORGじいちゃんG』で、1989年に連載デビュー(当時は土方茂名義)。その後は主に漫画原作者と組んで活動している。代表作に『ヒカルの碁』・『DEATH NOTE』など。『ヒカルの碁』で2000年に第45回小学館漫画賞、2003年に第7回手塚治虫文化賞新生賞受賞。また、『DEATH NOTE』は2006年に日本のメディア芸術100選マンガ部門入賞。

16

並び替え:

字が多い、しかし絵が上手い。人間ドラマのみの話の構成は難しかったのではないかと思うが、よくまとめたのではないかと思う。 王道の主人公強くなっていくアクション漫画に読みごたえは近いかもしれない。by 遊音 (51)

途中まではリアリティ溢れる作品で、現実にDEATH NOTEが存在したらこんな感じになるんだろうなぁと楽しみながら読めたが、ミサイルでDEATH NOTE飛ばしてみたり、ジェバンニとかいうチートが偽装工作を人智を超えたレベルで行ってて残念だった。by パグ (307)

小さい頃アニメで観ていたのを見直した。 大まかな流れは覚えてたけど、改めて観ると登場人物の心の動きの描写が良かった。 終わり方も無責任なフィクション感が無くて、1話段階からこう終わらせるのを決めていたんだろうなと分かる練られた構成でした。 by たこやき (104)

知名度は低いかもしれないが、小畑健先生の絵と絶妙にマッチした人形をテーマにした人形遣いが主人公のサスペンスストーリー。 個人的には最も小畑先生の絵が本領発揮された作品だと思う。他の作品では分かりづらい色気があると感じる。by Shin (517)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +