おやすみプンプン

浅野いにお

3.85

18978

発刊:2007.08.03 〜

完結・全13巻

『おやすみプンプン(1)』巻の書影
『おやすみプンプン(2)』巻の書影
『おやすみプンプン(3)』巻の書影
『おやすみプンプン(4)』巻の書影
『おやすみプンプン(5)』巻の書影
『おやすみプンプン(6)』巻の書影
『おやすみプンプン(7)』巻の書影
『おやすみプンプン(8)』巻の書影
『おやすみプンプン(9)』巻の書影
『おやすみプンプン(10)』巻の書影
『おやすみプンプン(11)』巻の書影
『おやすみプンプン(12)』巻の書影
『おやすみプンプン(13)』巻の書影
あのひとさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

どこにでもあるような街のどこにでもいそうな少年、「プンプン」の人生の波乱を描いた作品。 この作品の大きな特徴に、主人公である「プンプン」やその家族、親戚のみ“落書きのようなヒヨコ”で描かれており、その名前に加え、周りの人物や情景などの高い描写力からは浮いた存在となっている。加えて、作品内でコラージュ的な表現を用いたり、一部の人物に話の進行とは無関係な奇行を描いたりと、実験的なシュルレアリスム表現がみられる。 作家、伊坂幸太郎が単行本の帯に「前衛でありつつ王道を走り抜ける」と語っている。

この漫画の詳細情報

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...