土竜の唄 モグラの唄

高橋のぼる柳沢智夫

3.49

10218

発刊:2006.01.05 〜

既刊71巻

『土竜の唄 モグラの唄(1)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(2)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(3)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(4)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(5)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(6)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(7)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(8)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(9)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(10)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(11)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(12)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(13)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(14)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(15)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(16)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(17)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(18)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(19)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(20)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(21)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(22)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(23)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(24)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(25)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(26)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(27)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(28)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(29)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(30)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(31)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(32)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(33)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(34)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(35)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(36)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(37)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(38)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(39)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(40)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(41)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(42)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(43)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(44)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(45)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(46)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(47)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(48)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(49)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(50)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(51)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(52)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(53)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(54)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(55)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(56)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(57)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(58)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(59)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(60)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(61)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(62)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(63)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(64)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(65)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(66)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(67)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(68)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(69)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(70)』巻の書影
『土竜の唄 モグラの唄(71)』巻の書影
錦さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

谷袋署百観音前交番に勤務する警察官・菊川玲二は、揺ぎない正義感を持った熱い男だが、まっすぐ過ぎるがゆえにやり過ぎてしまうこともしばしば。この日も「万引き少女に過剰な身体検査をしたコンビニ店長に対して拳銃を向けた」ということで、署長から呼び出しを受けることに。すると署長の口からは、なんと玲二への懲戒免職勧告が飛び出して…!?常識の枠におさまらない潜入捜査官・菊川玲二が繰り広げる、いまだかつてない極道潜入伝説!! スリルあり、お色気あり、爆笑ありのネオ・ヤクザエンターテインメント!!

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...