一巻を読んだ時、衝撃で震えました。以降はもう止まらず一気読みして、新刊を毎度心待ちにしております。手を替え品を替え響に降りかかる様々な出来事を、いかに気持ちよく響がぶっ壊して行くのか。そして、クリエイターのあり方とは?も示してくれる作品です。

レビューへのコメント