学園のマンガ一覧

並び替え:

ギャルコスプレイヤーこと喜多川さんの、主人公とのやり取りにキュンキュンしました。露骨過ぎないエロの塩梅も最高でした。今後の展開がかなり楽しみです。by PRPRDRGN-1 (27)

時々、無性に少女漫画が読みたくなる時期が来る 先週がそれで、思い立ったが吉日 友人に借りて読んだ中の一つ 結論から言うとあまり合わなかった 私は心情や台詞、行動のリアルさ重点を置くタイプ 矢印の多い恋愛を描く漫画は、それこそ上手いこと噛み合わない点が現実的で好みだが、キャラクターの「やめれ」発言を始めとする会話のノリ、出会って初日に異性と腕相撲などなど、どうにもリアリティに欠けてしまって作品に入り込めなかった 少女漫画らしいといえばらしい作品ではあったby F (71)

徒然チルドレン

3.12

839

17

発刊:2014.08.16

完結・全12巻

ツイッターで公開されているのを見て大人買い。 基本的にみんなハッピーエンドですが、途中展開が変わったり、新キャラが投入されたりして、だれることなく最後まで読みきりました。 出てくるやつらがみんないいやつ。癒し。by ヒマラヤワ (119)

2巻のあとがきの内容からすると、残念ながらあえなくの打ち切りエンド。 途中で放置されたように終わってしまったネタは少なくありませんが、 最低限の締めはしてくれているので、話のいちおうの恰好はついてくれました。 終盤は異世界どころかRPGモチーフの要素も本筋ではだいぶ薄くなっていて、 文科系部モノとして新しさのやや弱い作品になっちゃっていたかも。 「部員人数不足で廃部危機」なんてベタネタもあったり。 (作中の表現からするとこのネタを入れるのは不本意だった?) 料理として出た味は嫌いではなかったのですが、 作者の描きたい題材が皿(掲載誌)には合っていなかったかもとも感じます。 積み残しや無念さはありそうなので、次を期待します。by さくらめぷりあ (21)

甘酸っぱい… いや甘塩っぱいイチャツッパネラブコメ。 タイトルの通り、 いつもボーッとしていて 一見冴えない 高校教師の塩田先生29歳と ギョロっとした三白眼と 腰まで伸びる金髪が超プリチィ 16歳JK雨井ちゃんのカップルの話。 年の差で先生と生徒の恋愛なんて 禁断の果実!背徳感の塊!! …かと思いきや、 そんな空気感はなく本編スタート時点で 普通に付き合っているふたり。 もちろん付き合っていることは 周りには秘密だけれど、 その秘密っぷりもね 学校の廊下でちょっと口ゲンカしちゃってても 他の人が通りかかれば勉強の質問に答えている 先生と生徒にスッと擬態するプロっぷり もはや日常。なのでドキドキしながらというよりも 温かくこのふたりのやり取りを眺める感じかな。 そして名前の通り、先生に甘々ラブラブな雨井ちゃん どれぐらい先生にラブかというと 他の人に目を付けられないように 先生をハゲに、デブに、髪ボサボサにしたがるぐらい、好き そしてもう直球の愛情表現。 先生好き好き、会えば抱き着きたい。 しかし塩田先生もまた名前の通り 塩対応。ぴとっと抱き着く雨井ちゃんに 顔を変えずに「離れなさい」って言う人。 これは先生なりに一線を超えないように 気を付けてる…んだけれど たまにね塩田先生も男だからね というかこの態度で忘れがちだけど 雨井ちゃんの気持ちを受け入れて 付き合ってるからね で、そんな雨井ちゃんの好き好き攻撃を さらに好き好き攻撃で反撃しちゃう事があって そうするといつも攻めに攻めてる 雨井ちゃんが 顔真っ赤にして戸惑って 逃げ出しちゃうっていう・・・ もうその運動会、いっしょうやっててください ごちそうさまですって感じで 1話完結でそんなふたりの日常が 描かれる作品です。 中でも好きなのが1巻で休日に 街でたまたま見かけた塩田先生を雨井ちゃんが ストーキングする「気になる秋」の回。 道端でいきなり座り込んだり 公園でボーッとしたり… 急に走ったり、木に登ったり… チュロス屋のおじさんと話し込んだり 塩田先生は奇行を繰り返すんですが、 その理由とは…っていう。 まぁもうだいたい察しは付くと思いますが その理由の説明の仕方がね、粋でいいんですよ あと、チュロス屋さんで 小さなラッキーが起こるんですが そこは明確には説明なく終わるんですが ハッハ~ンなるほどねってなる辺りが 特に最高、ごちそうさまです。 この作品、右枠にも書いてますが マトグロッソってサイトで不定期連載されていたものが まとめられて書籍化されたもので 現在2巻まで出ていますが はじめね1巻には1って ナンバリングされてなかったのね 失礼ながら1巻は サイトを知らずにジャケ買いして エピローグも入ってたから これで終わりなんだと思ってて 2年後のある日突然、 本屋で2巻を見かけた時は 続いてたのかー!!って 嬉しくて心臓止まるかと思ったし… 情弱だからこそ不意打ちに喜んだけれど 情弱であることも悔いまして 今はマトグロッソ、 ちょいちょい覗かせて頂いております ※こちらのレビューはYoutubeにアップしている音読レビューを 文字起こし、修正したものですby 相田コメゾウ (77)

23456