作品数:9

yuraさん、他2人がファンになりました
ファンになる

真倉翔の作品

一覧
『地獄先生ぬ~べ~』の書影

地獄先生ぬ~べ~

3.54

9681

発刊: ~

通常版・他1作品

この世には闇の住人達がいて、時として牙をむき、君達を襲ってくる…。日本でただ一人の霊能力教師・鵺野鳴介、通称ぬ~べ~が、闇の者達を無に帰す鬼の手で悪霊と戦う!

『文庫版 地獄先生ぬ~べ~』の書影

文庫版 地獄先生ぬ~べ~

3.40

2113

発刊: 2006.0.0 ~

通常版・他1作品

この世には目に見えない闇の住人達が、時として牙をむいて君達を襲ってくる…。だが、そんな奴らから君達を守る正義の使者がいる。あらゆるものを無に帰す力を宿した「鬼の手」を持つ鵺野鳴介は、子供達から「ぬ~べ~」と呼ばれて親しまれる日本で唯一の霊能力教師。普段は頼りないが、子供達を悪霊から守るために命を懸けて戦う!!※著者対談は収録しておりませんのでご注意ください。

『地獄先生ぬ~べ~NEO』の書影

地獄先生ぬ~べ~NEO

3.08

2049

発刊: 2014.9.5 ~

完結・全17巻

あれから十数年……ぬ~べ~クラスの卒業生、稲葉郷子は童守小学校の新任教師に! イマドキの子供たちに四苦八苦する郷子だが、そんな時、ついにあの男が九州から帰還する!! 全てを切り裂く鬼の手で襲い来る妖怪や悪霊から生徒たちを守る! 最強先生、凱旋!!

『地獄先生ぬ~べ~ S』の書影

地獄先生ぬ~べ~ S

3.20

1371

発刊: 2019.2.1 ~

完結・全4巻

妖怪、霊、怪奇現象が多発する童守町で、小学校教師を務める「ぬ~べ~」こと鵺野鳴介。普段はドジで貧乏でモテないお調子者だが、愛する生徒たちがひとたびピンチになれば、無敵の武器「鬼の手」で命を懸けて戦う! 最強の霊能力教師、見参!

『霊媒師いずなAscension』の書影

霊媒師いずなAscension

3.10

1035

発刊: 2012.3.4 ~

完結・全10巻

学生時代に戻りたいサラリーマン…亡くした娘に罪悪感を抱き続ける母親…年甲斐なく女遊びに夢中になる老人…人々の心の弱みに同調し、蔓延る悪霊たちに女子高生イタコ・いずなが挑む…!!「いずな」第二部開幕!!全8篇収録!!

『霊媒師いずな』の書影

霊媒師いずな

3.04

932

発刊: 2008.7.1 ~

完結・全10巻

身に覚えのない痴漢の罪に苦しむ男…カルト集団の共同生活にハマる女…偶然何度も火事に遭遇するアイドル…。悪霊蔓延る現代社会の不可解な事件・出来事に、女子高生イタコ・いずなが挑む…!!全6編収録!!

地獄先生ぬ〜べ~に登場する、イタコの少女「いずな」を主人公にした作品。 ぬ~べ~ではいずなは中学生でしたが、本作はぬ~べ~完結から3年後を描いたという設定のため、本作のいずなは女子高生です。 一話完結型で、各話色々な妖怪が悪さをするのをいずなが成敗するフォーマットになっていて、特に序盤は、ぬ~べ~に近い作りになっています。 イタコの修行中のいずなが、管狐に招かれた、何らかの霊に取り憑かれた客を相手に商売する展開です。 終盤に妖狐玉藻が登場する以外ではぬ~べ~からのキャラは登場せず、いずなが主人公の完全に独立した作品です。 ぬ~べ~は読んでいなくても、本作からで問題ないと思います。 ぬ~べ~もエロ展開の多い作品でしたが、本作はその傾向が更に顕著で、服が紙でできてるんじゃないかと思うくらい、毎話のように服が破れます。 体は無傷なのに、妖怪に襲われるとまず服を狙われ、ついでに妖怪の責め苦を口実に全身を弄ばれるパターンになるのがほとんどなので、性癖によってはどストライクだと思います。 なお、登場妖怪は鳥山石燕や地域の伝承を由来したもので"毛羽毛現"や"玃(ヤマコ)"など勉強になる事もあるのですが、目目連を覗きの妖怪とするなど独自解釈も多く(話中、目目連九十九神の一種である旨の注意事項記載あります)、本作を読んで登場する妖怪=エロいと思ってしまうかもしれないので、本作中の妖怪の解説については鵜呑みにしないことをおすすめします。 連載中掲載誌が休刊になったため本作はタイトルだけ変えた続編に続く形で終わります。 続編も引き続き読み中です。

by うにたべたい (472)
『ツリッキーズピン太郎』の書影

ツリッキーズピン太郎

3.00

483

発刊: ~

完結・全3巻

浦島太郎の子孫で釣り好きのピン太郎は、彼の家に代々受け継がれる竜宮城から持ち帰った「箱」を受け継いだ。ピン太郎が箱を開けると、どんなルアーにも変身する不思議な生き物リュウグウノツカイオットー45世(リグー)が現れた! どんな魚も釣れる超一級お宝アイテムのリグーと共に、巨大バス、大ナマズと勝負する!!

『吉原のMiraiさん』の書影

吉原のMiraiさん

3.00

441

発刊: 2006.1.5 ~

完結・全2巻

現代の吉原でNo.1のソープ嬢・未来がひょんなことからタイムスリップ!!落ちたところはなんと江戸時代、遊郭の吉原だった!?もう元の時代に戻れないのかしら……な――んて落ち込んでる未来じゃない。持ち前のバイタリティーとプロ根性、そして21世紀の“床技”でみるみるうちに、売れっ子女郎に!!さぁ今宵も、未来の技でいかせてあ・げ・る。

江戸時代の遊郭・吉原から21世紀に帰って早3か月。すっかり現代のソープ嬢の生活に戻った未来さん。ところが、芳しき香りに導かれて……「ちょっと! またタイムスリップなの!?」 あの日本一有名なプレイボーイや、天下をとったあの歴史的人物などなど、未来さんの超絶テクニックにかかれば、みんな夢心地――時をかける現代の泡姫が、未来の技(テク)で歴史を動かす!?

作品レビュー

一覧

3.0

31巻まで読みました

きろく

地獄先生ぬ~べ~

レビュー(199)件

完結・全31巻

3.5

子供の頃読んでた。面白かった。

地獄先生ぬ~べ~

レビュー(199)件

完結・全31巻

3.9

10巻まで読みました

地獄先生ぬ〜べ~に登場する、イタコの少女「いずな」を主人公にした作品。
ぬ~べ~ではいずなは中学生でしたが、本作はぬ~べ~完結から3年後を描いたという設定のため、本作のいずなは女子高生です。
一話完結型で、各話色々な妖怪が悪さをするのをいずなが成敗するフォーマットになっていて、特に序盤は、ぬ~べ~に近い作りになっています。

イタコの修行中のいずなが、管狐に招かれた、何らかの霊に取り憑かれた客を相手に商売する展開です。
終盤に妖狐玉藻が登場する以外ではぬ~べ~からのキャラは登場せず、いずなが主人公の完全に独立した作品です。
ぬ~べ~は読んでいなくても、本作からで問題ないと思います。
ぬ~べ~もエロ展開の多い作品でしたが、本作はその傾向が更に顕著で、服が紙でできてるんじゃないかと思うくらい、毎話のように服が破れます。
体は無傷なのに、妖怪に襲われるとまず服を狙われ、ついでに妖怪の責め苦を口実に全身を弄ばれるパターンになるのがほとんどなので、性癖によってはどストライクだと思います。
なお、登場妖怪は鳥山石燕や地域の伝承を由来したもので"毛羽毛現"や"玃(ヤマコ)"など勉強になる事もあるのですが、目目連を覗きの妖怪とするなど独自解釈も多く(話中、目目連九十九神の一種である旨の注意事項記載あります)、本作を読んで登場する妖怪=エロいと思ってしまうかもしれないので、本作中の妖怪の解説については鵜呑みにしないことをおすすめします。

連載中掲載誌が休刊になったため本作はタイトルだけ変えた続編に続く形で終わります。
続編も引き続き読み中です。

霊媒師いずな

レビュー(10)件

完結・全10巻

3.0

鬼の手憧れた

地獄先生ぬ~べ~

レビュー(199)件

完結・全31巻

すべて表示(277)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...