小学館クリエイティブ

wikiで検索

362

並び替え:

真面目で神経質で変わった性格しているサチコは結婚式に新郎さんに逃げられて、食べ物で何もかも忘れようとする話。 『孤独のグルメ』や『わか子酒』に似ているけど、まだそっちの方が面白いとされている。by Moca (16)

タイトルの通りの年齢的にも精神的にも、 あと距離的な意味でも超超超遠距離なハイテンション百合コメディ。 第2巻の初めて好きになった作品が最終回を迎えてしまう あの感じを思い出させてくれるくだりが特に好きです。by 相田コメゾウ (120)

大学の研究室でロボット開発に明け暮れる2人の若き研究者。彼らの目標は「心を持つロボットを作る事」しかし目指すゴールは根本的に違っていた。ヒロシ(お茶の水)は人間と並び立ち共感しあえる「友」。ウマタロウ(天馬)は人間を超える超越的存在「神」。自我はロボットに必要か否か? 彼らが開発したロボットA106(エーテンシックス)は、人間には認識されない領域で自我を既に目覚めさせ、周囲のAIと対話を試み始めていた…。 鉄腕アトムの後日譚「アトム今昔物語」に通じるエピソード満載でファンとしては胸熱!!AIの進化、自我、感情を持つとはどういう事か?この世界に「アトム」の存在が及ぼす影響とは。…面白すぎるっもっと早く読んでれば良かった!! by おおがらす (396)

ゲイのイケメンと、彼に恋するキャリアウーマンの菜食グルメ同居生活...レシピも載っていて、いくつか真似て作ってしまった。 仕事で疲れててもテキパキ料理できるの尊敬。恋愛面は甘過ぎなくて、その温度感も読みやすかった。by かわこ (1154)

12345