モーニング・ツー

wikiで検索

64

並び替え:

魔法・ファンタジー漫画。アメリカで最も権威のある漫画賞の一つのアイズナー賞含め、国内外で受賞歴のある作品。 青年漫画的な、主人公達に甘くない世界で、作品内における魔法の美しさと残酷さの両方が描かれる。絵の美しさ、世界内の魔法の設定等、個人的に好きなものが詰まってる。by Leeed (54)

ノラと雑草

3.36

1491

10

発刊:2018.11.22

完結・全4巻

・あらすじ 摘発したJKリフレの現場で、警部補の山田は亡くなった娘によく似た少女、詩織に出会う。 母親からの虐待を受けていた詩織は、警察に家へ連れ戻された後も家出をし、その先で再び山田に出会う。 「家、泊めてくれませんか?」 かくして始まった2人の共同生活は、胸を抉るような展開へと発展していく。 ・感想 山田は詩織に、亡くなった娘の影を見ている。 詩織は山田に、本当の「親」の姿を見ている。 良いか悪いかを語ることの出来ない共依存だから、すっきりとした物語ではない。 完全な悪は存在せず、必然勧善懲悪は成り立たない。 途中のJKビジネスの摘発シーンなんかはいい例で、法律の不安定さを訴えかける。 母親も、一方的に責めることの出来ない立場にいる。 彼・彼女「だけ」が悪いなんてことはなくて、そこに至るまでの過程のすべてに責任がある。 「ギャングース」の鈴木大介さんや「最下層女子校生」の橘ジュンさんの協力作品なので、説得力はそれなりにあって、胸に来るものがありました。 ルポルタージュの1ケースを元にしたような漫画。 by ヴァッハ (106)

1122

3.72

5120

89

発刊:2017.05.23

完結・全7巻

1122(良い夫婦)という漫画を読んだ。 本作は夫婦が主人公で、妻が夫の不倫を公認したことで変化していく関係性を描いた作品。 人は頭で考えて何かを選択したり、答えを出す。 けれど頭が導き出した選択や答えに心がいつも従えるとは限らない。 自分で出した答えが胸を締め付けるかもしれない。 最近では「人生100年時代」なんて言葉を聞くことが増えた。 何歳で出会うかにもよるが、二十代で出会えば二人で過ごす時間が約80年あることになる。 僕らは80年間ずっと正しい選択をできるのだろうか。 二人にとって正しい答えを80年間ずっと出せるだろうか。 僕にとっては、自分のことを信じるよりも彼女のことを信じる方が簡単だ。 本作を読んで、いつか彼女と夫婦になることを思った。 彼女を苦しめないためのことや、傷つけないためのことを本作は反面教師的に教えてくれる。 いつか、良い夫婦になりたいな。by ヒノデ (67)

AUTOMATON

3.58

1163

11

発刊:2018.05.23

完結・全5巻

「絶滅石」「地底旅行」の作家さんによる近未来SFアクション。 あとがきにもあるとおり、着想から1年間の構想・取材期間を経た後に3年掛けて練り上げていったという、渾身の1作です。 アイアンマンといったアメコミのテイストを感じつつ、全体的に漂うダークでシリアスな雰囲気、そして主人公が人の業や理不尽な悪意とも向き合いながら成長していく、ある種王道な展開は、既に一級品の香りを醸しだしています。 残虐描写もあるのでそういったものが苦手な人にはあまりオススメできませんが、SFヒーローものが好きな人は絶対におさえておいて欲しい!by tomoki (83)

謎の置き物を海から拾った主人公が、フト思いたって、ささやかな祈りを捧げた時から…何かが始まったらしい。 のどかで平和だった島に次第に人、モノ、カネが集まり始め…同時にトラブルと軋轢、不気味な異形をも引き寄せてゆく。 「フクノカミ」と主人公との奇妙な繋がり。変化していく島の人々と人間関係。そして島の過去に起こったらしき惨劇。…ヤバイっこれは先が気になりすぎる〜!!! by おおがらす (434)

仏教とキリスト教とたまに出てくる北欧神話。 両者の宗教観や経典にかかれてることをネタに、よくここまでネタ切れせずに書けるもんだ。 勿論、メインストーリーが1番面白いのだが、なんの説明もなく挟まれる小ネタ(Tシャツや何気ない小さなセリフ)が個人的にツボ。 この漫画からインド哲学や仏教・キリスト教の歴史など調べてみたら、もっと楽しめると思う。by sd (64)

ALL OUT!!

3.06

973

9

発刊:2013.04.23

完結・全17巻

ラグビーはルールが分かりづらいので、ちゃんと描こうとすると難しいのだが、この作品は細かい部分を省いて部活にスポット当ててるからうまい。 あーん!17巻で最終巻だなんて知らなかった!終わるのさみしい!!by ばんばん (2593)

別式

3.64

1330

9

発刊:2016.12.22

完結・全5巻

江戸時代の女の侍「別式」達の物語です。五頭身可愛いキャラクター達からは想像できないほどの複雑で繊細な恋心や苦悩が描かれています。キャラクターを好きになればなるほど、一巻の冒頭に描かれた物語までの道のりが心苦しくなっていく物語です。作り込まれた5巻完結の漫画ですので是非読んでみて下さい。by モガ (115)

「恋愛至上主義」がフィクションに溢れる一方で、恋愛をしない若者の数が年々増えている現在の日本では、この近未来の物語の世界は充分、リアルだ。 主人公の心情が丁寧にモノローグで表現される一方で、彼女の表情が…ちょっと…終始、無表情に見えてしまって、私は感情移入しにくかった…。by おおがらす (434)

恋のツキ

3.58

4686

83

発刊:2016.07.22

完結・全7巻

2020/06/28、7巻。5巻までキュンキュン。自分が年下男子に目覚めた(?)漫画。年下も可愛いなって思ってしまった。 はじめふうくんと付き合ってるけどふうくんは妥協で付き合ってて同棲において金とか役割とかなぁなぁにしてて第三者からするとイライラして嫌だった。からイコくん出てきて可愛くてうまくいってうれしかった。このイコくんとくっつくまでと彼氏に隠れて会う期間とくっついて最初の期間が初々しくて好き同士って感じで超良い。けど途中からワコのこと浮気してるんじゃの信用出来なくなってきて束縛凄くてちょっとやだったけど。でも互いに好きな映画製作携わって順風満帆で良さそうだったのに、イコくんが心変わりした時ムカついた。なんかの漫画で言ってたな、付き合う時は2人で決めるのに別れる時は片っぽが決めればそうなるなんてひどいよね、的なこと。たしかに、と。ワコこんなにちゃんと他の男との関わりなくしたりしてたのに勝手に別れる宣言ひとことして終わりなんてヒド!まぁそれが恋愛で仕方ないんだけど。あと元彼でいいイケオジになってた土屋くんがアプローチしてきたの、私的格好良かった。土屋くんもちょうど良くてありだったのになー。まぁともあれ全てにおさらばして自分の好きなこともやろうと決め新しい自分へ。って思ってたら最終話数年後でイコくんと突然復活してて超あっけらかん。えーさっきまでムカムカしてたのにあっさりくっついてて訳わかめだわー。まぁイコくん好きだからいいけどなんか急過ぎてびみょいなぁ。まぁそこが幸せそうに暮らしてた、ワコは多分30後半イコ20ちょいくらい、で終了。by lrvgfpcjwbxjlq (648)

デビルズライン

3.48

2886

55

発刊:2013.09.20

完結・全14巻

吸血鬼漫画史上、革命的な漫画です。天才です。 刑事モノとしても、恋愛モノとしても、SFとしても良い作品。 人物一人一人の背景がしっかり描かれていて、キャラクターそれぞれ魅力的です。 そして、吸血鬼が特別扱いされていなくて、人間と対等に社会に溶け込んでいて、世間的には真実が曖昧で批判する人もいる…そのようなストーリー描写が、妙にリアルにありそうな感覚になります。 吸血鬼が大好きなのですが、この作品は特に読み終わるのが勿体無くて、ゆっくり、ゆっくり読み進めてはデビルズラインの世界に数年間浸っていました。 大好きな、大切な漫画です。by POCALI (144)

123