GANTZ

奥浩哉

3.74

22841

発刊:2000.12.01 〜

完結・全37巻

『GANTZ(1)』巻の書影
『GANTZ(2)』巻の書影
『GANTZ(3)』巻の書影
『GANTZ(4)』巻の書影
『GANTZ(5)』巻の書影
『GANTZ(6)』巻の書影
『GANTZ(7)』巻の書影
『GANTZ(8)』巻の書影
『GANTZ(9)』巻の書影
『GANTZ(10)』巻の書影
『GANTZ(11)』巻の書影
『GANTZ(12)』巻の書影
『GANTZ(13)』巻の書影
『GANTZ(14)』巻の書影
『GANTZ(15)』巻の書影
『GANTZ(16)』巻の書影
『GANTZ(17)』巻の書影
『GANTZ(18)』巻の書影
『GANTZ(19)』巻の書影
『GANTZ(20)』巻の書影
『GANTZ(21)』巻の書影
『GANTZ(22)』巻の書影
『GANTZ(23)』巻の書影
『GANTZ(24)』巻の書影
『GANTZ(25)』巻の書影
『GANTZ(26)』巻の書影
『GANTZ(27)』巻の書影
『GANTZ(28)』巻の書影
『GANTZ(29)』巻の書影
『GANTZ(30)』巻の書影
『GANTZ(31)』巻の書影
『GANTZ(32)』巻の書影
『GANTZ(33)』巻の書影
『GANTZ(34)』巻の書影
『GANTZ(35)』巻の書影
『GANTZ(36)』巻の書影
『GANTZ(37)』巻の書影
Rさん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

地下鉄のホームで撥ねられ死んだはずの玄野、加藤は謎のマンションの一室に一瞬にして転送される。そこに置かれた得体の知れない黒い球の指令により、ねぎ星人の暗殺を命じられた玄野らは、状況を把握できないままねぎ星人の元へと転送される。マンションにいた仲間によってねぎ星人は殺されるが、新たなねぎ星人が現れ…。

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...