マガポケ

wikiで検索

95

並び替え:

1巻無料

ワンダンス

3.58

3163

43

発刊:2019.05.23

既刊4巻

毎月アフタヌーンで読んで、マガポケでも読んでますが何度読んでも最高です。 迫力ある身体の描き方、振りを示す光の残像、照明のような光の演出、格好いいファッション、カボくんとワンダさんの個性。 挙げればきりがないほど好きなところばかりです。 聴いたことのある洋楽が作中で使われているので、曲の想像がしやすく格好良さがよくわかります。 いずれアニメ化・実写化してほしい今年イチバン熱い部活漫画です。by Taka (94)

「東京卍リベンジャーズ」という漫画を読んだ。 個人的な意見ではあるが、これほどまでに続きが気になり続ける漫画は未だかつて無かった。 読み始めて、どの巻を手に取っても続きが気になる。 僕は人生で初めて漫画を大人買いして、1日ほどで今出ている最新巻まで読んでしまった。 登場する人物の多くが本当に魅力的で格好良い。 今まで不良漫画の登場人物を格好いいと思ったことはなかった。 けれど本作は例外だ。 男としてや人としての格好良さを教えてくれる。 ただ悪いこと、ただ傷つけることはダサいことだ。 不良ものであり、SFであり、サスペンスである東京卍リベンジャーズ。 これほどまでのキラーコンテンツを僕は他に知らない。 大袈裟な言葉を多く並べたが、僕自身大袈裟な言葉は胡散臭くて嫌いだ。 そんな僕が大袈裟な言葉を並べた理由も本作を読んでいただければ伝わる筈だ。 是非とも多くの人にオススメしたい作品。by ヒノデ (58)

2巻無料

ダイヤのA act Ⅱ

3.81

5070

95

発刊:2015.11.17

既刊23巻

沢村の成長が凄まじい。第1章までは、まぁいくら沢村が頑張ろうが降谷が不動のエースだと思ってたけど今はその逆と言っていいほどの沢村の安定感。今後、切磋琢磨した2人の成長も楽しみだし、何気に1年生の成長や人間模様も好き。by Kazuki Kikuchi (14)

1巻無料

創世のタイガ

3.62

2773

36

発刊:2017.08.23

既刊7巻

ホーリーランド 森先生の新境地 太古の世界にタイムスリップしてしまった現代の青年たち 想像以上に面白く。新しい話を待ちわびています。ストーリーに出てくるサバイバル的 設定や、野生との戦いと、その葛藤がひしひしと伝わってきます。by シン (877)

物の怪達のトラブルシューター少女と、怪異と人との混じり物である青年のコンビが織りなす、虚構(ネット界)に生まれた怪物を虚構(嘘)で倒す!ミステリ?漫画。 かなり厨二…ロジカルで文字数が多いのでラノベ好きには堪らないかと。アクションも上手い。 …けど2人はカップルなのに、青年の愛情表現が無さ過ぎて個人的は物足りない。ちょっとで良いからイチャコラ見たい。by おおがらす (410)

モデルのエージェント事務所社長を父に持ち、 当然のようにモデルを目指すも身長だけが足りず事務所をクビになった158cmのモデル・藤戸千雪。 母子家庭で家族の服を作り続けファッションデザイナーの道を歩みたくも、 家計の問題から高校卒業後には働かざるを得ない都村育人。 二人がパリのランウェイを目指し、共に歩む物語。by まちゃるんと (331)

1巻無料

ブルーロック

3.70

6697

121

発刊:2018.11.16

既刊10巻

日本に足りない最強のストライカーをつくるために、 高校生を最新鋭の施設にぶち込んでひたすらサッカーさせる話。 「キャラが全員ストライカー」 かつ 「閉鎖空間でのデスゲーム」 ってとこが、 数あるサッカー漫画の中でも異質で面白い。 点を取ることしか考えないストライカーだけでゲームをするから、最初は試合の体をなさなかったり、裏切り者が出て自分だけ得点しようとしたり。 エゴイストであれ!by ささ (40)

異世界に迷い込む系。原作付きの割には不可解な設定が多いものの、展開は分かりやすくて読みやすい。初見の食材と現実世界の食材との共通点を一瞬で看破するのは料理好きだとアルアルなんですかね。by りんじん (261)

いじめるヤバイ奴

3.24

1656

26

発刊:2019.02.08

既刊8巻

自分のいじめを遂行するために、周りのいじめ問題を解決していくのが面白い発想。いったい白咲は何のために仲島にいじめさせているのかとても気になる。 いじめ、ダメ、絶対。的な終わり方になるのだろうか。by れとれとさん (526)

地味で引っ込み思案な孤独な田村くんは、クラスメイトの不良の木崎くんにいつもパシられたり、ちょっかいをかけられるので、いじめられていると思っています。 でもその「いじめ」が微妙に節々が優しかったり、悪口のようで心配してくれてるだけだったり、クラスのみんなは名前を「村田」と間違えてるけど、木崎くんだけは最初からずっと正しく呼んでくれたりなど、本当はとても気遣いが出来ていつも気に掛けてくれている心優しい木崎くんの不器用さにほっこり…。 毎話数ページのショートコメディですが、その1話ずつの少ないやりとりの中にもハートフルなやりとりが散りばめられています。1話完結のようでいて、関係性も段々と変わっていくその優しい世界観がとても愛おしい作品です。 実は、感覚がズレてるのは田村くんの方では…?笑by tomoki (83)

『働く細胞』のスピンオフ。 今回は腸内細菌を擬人化してみました。 大学生の頃に読みました。 丁度、大学で細菌の勉強していたので、このマンガで役に立ちました。 我々の体内の細菌はこのように働いているのだと思った。 今度は善玉菌が悪玉菌を倒すといった役割を持っています。 そんな善玉菌のビフィズス菌は食物繊維の摂取によって、活性化します。 一方、悪玉菌のウェルシュ菌はお腹を壊したり、下痢になったりする。 バイキンマン?? ウェルシュ菌はカレー等といったシチュー系の食べ物に生息しています。 二日カレーは美味しいと言われますが、これは間違い。 私は中学生の頃、お婆ちゃんの家で朝に二日カレーを食べると腹を壊しました。 悪玉菌から守るには善玉菌。 それ以外の細菌は善玉菌の手助けしたりします。 発酵食品は腐敗と全く違って、メリットが多いです。 やはり、食物繊維と発酵食品を摂取すれば、腸に優しいし、健康に保てると思います。by Moca (18)

◆こんな方にオススメ ・ラブコメが好き ・きれいな年上の女性が好き スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー ラブコメです。物語ではなく日常系です。ある年上の女性がある年下の男の子を好きになり、好きで好きでしょうがなくて、いろいろとアホなことをしてしまいます。これが可愛いんですよね。読んでいてニヘラっとしてしまいます。 ◎画 かなりきれいです。若干男性向けかな。by Rodan先生 (46)

2020/06/13、12巻。結構ハマる。ゆうすけが助けるけど、悪魔な警察官に腹打たれたとこで終了。私的死んだと予想。今は改心してるって言っても元は残酷な悪魔だったからハッピーエンドは無いのかな?とか。と思ったら先の試し読み読んだら普通に生きてた。まだまだ続くなぁ。 2020/07/15、13巻。と思ったらやっぱりユースケ死んでました、タヌキ警官に撃たれて。死に方はやっぱり天罰なんだって感じで。死に際にユースケに子供スミレが居たことが発覚。相澤が探しまくってユースケの死から20年経って、スミレが見つかる、スミレと市ノ瀬あかりが会う。ユースケが居なくなってた(?)空白の5年(?)について、スミレが誕生したいきさつについて、市ノ瀬に語る。スミレ母とユースケが出会う、ユースケが元悪魔で許されないと悩んでるのを知る、びびりながらも助けて善良な事をすることを助言する、ユースケが町で良い奴として認められていく。がラスト、ユースケを恨んでる奴らがユースケのバイト先店長を襲おうとしてるとこで終了。店長はスミレ母が好きなので、スミレ母と距離が近いユースケが悪魔と知って、社会的に排除するのかもと予想。 「許し」って大事なことなんだなと思った13巻でした。確かに悪いことしたからって言って一生それを反省しながら生きてくなんて終わりなくて無理だよなと。反省して許されること大事なんだなとか。街の人が元悪魔だと知って態度変えるなんて、なんでユースケこんな良い人なのにって。だから刑務所だって期限あるのかとか考えた。by nfqjc (627)

読む前は 何故スライム?とあまり気が進まず、読むキッカケができるまで時間が掛かりましたが、いざ読んでみると かなり見応えある内容で驚きました。 原作もコミックも共にオススメです。異世界モノ ファンタジー名作と言えるでしょう。by シン (877)

1234