『東独にいた』の書影

東独にいた

3.59

1455

発刊: 2019.11.5 ~

既刊5巻

ベルリンの壁で一つの国が真っ二つに裂かれた世界。東ドイツ。社会主義が支配するその国に住むアナベルは、古本屋を営む青年・ユキロウに密かな恋心を抱いていた。そして、国家の陰謀が絡む明かせない秘密を。時代が、思想が、抗争が、二人を別つ壁となる――。東ドイツに生きた人々を描く本格派歴史劇。

『国境を駆ける医師イコマ』の書影

国境を駆ける医師イコマ

3.08

533

発刊: 2004.7.4 ~

完結・全6巻

「戦争は、なぜこの世から無くならないのか……?」 「国」や「民族」「宗教」の名の下に、人の命が奪われていくこの世の中で、いまだ人は銃を撃ち続けている!! なぜか? その問いに、「命に国境なし!」を信条に国際医療援助活動に身を捧げる男、生駒勇作は、ぶつかり、悩み、もがく。彼がその問いに出した答えとは? 情報でしか「戦争」を感じられない日本人に問う。今、最も読まれるべき医療コミック第1巻!!

1
Loading ...