川原正敏

シンがファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

川原 正敏(かわはら まさとし、1960年8月17日 - )は、日本の漫画家。広島県三原市出身。国立広島商船高等専門学校航海科出身。血液型はA型。代表作は『修羅の門』、テレビアニメにもなった『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』、『海皇紀』。主に『月刊少年マガジン』にて執筆している。コマ割のほとんどが横マスであり、独特の台詞回し、作り込まれたストーリーと格闘シーン、動きのある絵を得意とする。また『海皇紀』では、その世界観もさることながら、帆船の操船の描写のある珍しい漫画になっている。また、『陸奥圓明流外伝 修羅の刻』においては自身の筆と挿絵による小説も手がけており、全1巻が刊行されている。2009年、広島県三原市のふるさと大使の1人に任命される。

14

並び替え:

3巻無料

海皇紀

3.68

1761

22

発刊:1998.08.10

完結・全45巻

作品情報ページ

追記 2020.08.11 全巻再読。もう何度読み返したか分かりませんが 今回も感慨深かったです。これほどまでに壮大で気持ちの良いマンガは他にありません。ワンピースやベルセルクのそれとは全く異なります。正に海皇紀という名に相応しい雄大な史実の物語です。 ------------ 昔に戻ったような遠い未来のお話 颯爽と不思議な雰囲気を持つ主人公と冒険者の仲間たちの物語。カッコよく魅力的なキャラばかりだが、やはりファンとトゥバンが最高。 所々 操船の専門用語の内容は難しいが、その雰囲気と、その見事な闘いぶりは何回観ても目を見張る。大好きな作品の1つ。 名作殿堂入りです。by シン (887)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +