諫山創さんは天才かと問いたい。 読めば読むほどあらゆる伏線が回収されていく様子が理解できて感心する。ストーリーだけでなく、描写一つにもすごい伏線がはられてる。 初め読んだとき、10巻すぎたあたりからついていけんくなった。けど、それでも続きが気になる想いが勝ったから、YouTubeの「タキチャンネル」をみながら1巻読み終わっては解説動画を見てメモして、勉強みたいに読んでいった。 3回ぐらい読み直してやっと落とし込めた感じ。体力は要る。けどそれに見合うぐらいに面白い。

レビューへのコメント