楠桂

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

楠 桂(くすのき けい、本名:大橋真弓、1966年3月24日 - )は、日本の漫画家。女性。愛知県丹羽郡岩倉町(現・岩倉市)出身・在住。同じく漫画家の大橋薫とは一卵性双生児の姉妹で、自身はその妹。代表作に『八神くんの家庭の事情』、『鬼切丸』など。小学3年生の頃より漫画を描き始め、中学3年生の頃よりペンを使いはじめる。1981年に15歳で集英社の第14回りぼん新人漫画賞で準入選を受賞する。その後「何かが彼女にとりついた?」でデビュー。既婚で娘と息子がいる。

61

並び替え:

123

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +