ぱとれ 」の検索結果

3207

並び替え:

    作画の村田先生が好きで読むと、やはり画力は天下一品。右に出るものはいない画力。 主人公はサイタマというスーパーヒーロー。 なのに普段は無気力、庶民的。超やる気ない顔を、超絶画力の先生が力を抜いて顔を描かれていてそれもまたジワジワきます。by (25)

    ファイアパンチという漫画を読んだ。 こちらは、連載当初話題作として評判を聞くことが多かった。 内容としては復讐劇。 妹と故郷を燃やされた敵討ちをするために生きてきた男が、苦悩しながらも歩み続ける姿が描かれている。 5巻以降の希望の無い展開と主人公の言動が個人的にすごく苦手だった。 けれど全体を通して、著者である藤本タツキさんが映画好きなのが伝わってきたので親近感が湧いた。 トガタがすごく好きなキャラクターだった。 あれだけ映画の話できる方って素敵。 僕も映画大好きなので、トガタとお話ししたいなぁと思った。 「人は死んだらどこに行くの?」という誰もが一度は考えたことがある疑問に対してトガタが「映画館!」と答えた場面がすごく印象的だった。 ラストシーンが不幸中の不幸中の幸い的エンドだったが、少しでも救いがあって良かった。by ヒノデ (55)

    僕と君の大切な話

    3.91

    3826

    64

    発刊:2016.03.11

    完結・全7巻

    絵が可愛いなあと思い読み始めたのですが、普通の恋愛メインの学園もの少女漫画の中では断トツ面白い! 主に男女の価値観の違いから生まれる勘違いが多いのですが、第三者の目から見るとこんなにも面白いんだなと思いました。 よくあるご都合主義の恋愛ものや、最近多いイケメンにひたすらドキドキさせられるだけの中身が無いものとは違うので色んな人におススメしています。by aibo (10)

    みんな本当は 好きでしょこういの? 背徳の隣人愛欲物語。 漫画家を目指す青年・藤原秋(ふじわら・あき)が 住むのは2年後に取り壊しの決まっているボロアパート。 そのお隣に、高校時代に憧れて、告白もした先生、 仲井間真(なかいま・まこと)が引っ越してきた。 懐かしいねぇと盛り上がるも しかし彼女は半年前に 結婚して人妻になっていた。 じゃあ、この話はおしまいですね。 と、言いたいところなんですけど そう、ボロアパート+お隣+新婚 =夜の営みの、先生の大きな喘ぎ声がダダ漏れなんですね。 その声に劣情を催して欲望を抑えきれずに ベランダから隣を覗き込む秋くんは あられもないかつての恩師の姿に興奮を隠し切れません。 そんな中、先生の旦那さんの出張が入りまして… 新婚で性欲を持て余す先生と おっぱいの吸引力には抗えない秋くん 残されたふたりはどこまで進んでいってしまうのか… ちょっとずつちょっとずつ… 目隠しに、おもらしに… 深みにアブノーマルに落ちていく… という感じの話なんですけれど。 なんといっても魅力は 背徳感溢れるシチュエーションと 艶々先生の絵のタッチですね 成年コミックで慣らされた手腕で いわゆる萌え絵タイプとはちょっと違う作風で あ、でも途中の4コマや劇中劇を見てると 敢えての作風だとわかりますので 肉付きもよく、乳輪とアヘりかけている 顔の描写なんか最高ですので ぜひそのままで居て頂きたいんですけれども…!! 絵も最高なんですがストーリー、 シチュエーションもドキドキが止まらないというか この作品凄いのは ふたりはヤってないんですよ なのに…下手なエロ漫画よりエロい!! ここまで焦らしますかという 引きの強さで気づけばどんどん 読まされているという感じですね もうひとりのヒロイン、 マンガのアシスタントをしている メガネ居乳のまさみちゃんも 秋くんを狙っていまして… このふたりの女の攻防戦もね 見ものでございます。 見ものといえば話数ごとに心の声=モノローグする キャラが変わる仕組みになってまして たまに別キャラ視点で同じ話をやるのも面白いポイントですね ええこの時、先生こんなエロい事考えてたんですか?! そりゃあ たまりませんねみたいなね そして、冒頭で書きましたが 2年で退去しなきゃいけないアパートに住んでいるので 不倫で堕ちていくことと、この隣人生活が長くもたないこととで 「落日の」というタイトルだと思うんですけれども ずっと焦らされていたいんですけれども その取り壊しの日が来て…どうなるのかも非常に楽しみです。 ***** ※このレビューは https://youtu.be/5y4W-I2gZYE で音読レビューしたものを文字起こししたものになりますby 相田コメゾウ (102)

    2巻無料

    初めて恋をした日に読む話

    3.63

    2198

    44

    発刊:2016.11.25

    既刊11巻

    2019年1月15日火曜日夜10時TBS 深キョンちゃん主演でドラマがスタート 皆さん、ご覧になりましたか? ちなみにこのレビューは見る前に 書いておりますのであしからず。 そんなドラマのキャッチコピーは 「知らない間に、モテていた!?」 だそうですね んー、 いやまー、確かに、そーっちゃ そーなんですけど、 これ、ガリ勉してて 「知らない間に、捨てていた!?」 青春にリベンジする話ですよね 親の敷いた東大エリートコースから 受験失敗でレールを外れ 唯一の心の支えだった母親に失望され 就活迷子、婚活大地獄、 とりあえずの個別塾講師。 趣味もなく何の目的もなく生きてる 順子もとい、ずんこ(31)が そんなガリベン子ちゃんだったずんこが 落とし物を拾ったきっかけで縁が出来た ピンク髪のマイルドヤンキー(以下マイヤン) 高校生・由利くんに一目惚れ。 …してるはずなんだけれど、 恋に鈍感で億劫なのでそれを認められない。 そして実は似た境遇に共鳴したずんこは マイヤン・ユリユリの無茶な東大合格を、 塾講師としてサポートし 果たせなかった東大合格の夢を あの頃の青春を!恋を取り戻す! これはそんなリベンジストーリー。 「初めて恋をした日に読む話」…って 読む前は正直なんじゃそのタイトル?って思ったけど いや確かに今、恋をしてる人とかめっちゃ ワカルー!イイヨネー!って読むんだろうなぁこれ なるほどなー…でもそんなもん とうの昔に通り過ぎてる自分は関係がなi… いや、逆ですわ 恋を、色んな言い訳を付けて あきらめている人 恋なんて関係ないと思い込んでいる人にこそ 読んでほしい話かもしれない 恋愛ってとんでもなく 勇気が要りますよね 31になるまで、恋愛から逃げてきたずんこが 重い腰をあげて恋と正面から向き合う姿には 一歩を踏み出す勇気をもらえます。 そして、ずんこの恋に奥手ぶりもそうなんですが、 「知らない間に、モテていた!?」に該当する 言い寄ってくる3人も…。 1人目、マイヤン・ユリッペは この子はまぁもうただただ一途に行動力あって かっこいいんですけど 2人目、従兄弟の雅志は ン十年、ずんこへの想いをこじらせたまま 何も言えず… 3人目、同級生で学生当時 ずんこが好きで告白をして フラれた山下も十数年引きずっていて… それでも今回、ユリ公の件がきっかけで ふたりがずんこにアタックをしかける姿にはね まー、さすがにこれ、 ユリ助とくっつくとは思うんですけれど 恋愛を「する」勇気を もらえるかもしれません。 あ、さっきから由利くんのことを ゆりりんとか、ユリ子とか書いてますけど(書いてない) これこの作品のお気に入りポイントなんですが ずんこが由利を呼ぶ時、ユリ之進とかユリオとか 毎回呼び方変えてるんですよね その呼び方を定めないところも 由利への気持ちにまっすぐ向き合うことから 逃げてる感じが出てて とても良い演出だと思いますし どれだけレパートリーあるのって感じの あだ名なんですが、固定のがずっと出ちゃう時があって それはもう、ずんこ今そんな事考える余裕がないんだなってね ニヤニヤポイントですので これから読む方は注目してみると面白いと思います はい、というところで今回は 恋をあきらめた人にこそ読んでほしい 初めて恋をした日に読む話のご紹介でした ※こちらのレビューはYoutubeにアップしている音読レビューを 文字起こし、修正したものです https://youtu.be/eiZpqPw_pFgby 相田コメゾウ (102)

    設定が斬新なだけでなくストーリー自体も面白いです。 変身病患者達が人間から決別をしていく時こそパンダくんのいう彼らの人間らしい部分がもっともでてる気がして、話を盛り上げてくれています。 絵柄とお話にギャップがある作品が好きなので凄くツボでした。可愛い絵柄にちょっと考えさせられるストーリー展開が見ていて楽しいです。個人的に市川春子さんや九井諒子さんを好きな人は嫌いじゃないと思います。 by meme (1)

12345