車についてはこの作品にでてくる車種および駆動方式について多少の知見がある状態からから読み始めました。 これらよりも更に深掘りされたマシンの構造やドラテクのロジックに関しては全く理解できませんでした。 ですが藤原拓海が愛車86を駆り幾多の強敵、峠を攻略していく展開は非常に爽快感を得ることができる内容でした。 父親である文太、同じチームの高橋兄弟も話を追うごとに魅力的になっていきました。 車について更に知識を得た上でもう一度読む事で新たな面白さを発見できると思うので機会があれば読み直したい。

レビューへのコメント