とn 」の検索結果

8197

並び替え:

    言わずと知れた名作 レビューなんて烏滸がましくて出来そうにないし、何ならネットで検索すれば私より文章力の優れた方々が沢山書いてらっしゃると思う ということで好きな点 まずよつばとといったら装丁!帯が捨てられない漫画の代表 読み返す時にちょっと邪魔だけどそこはご愛敬 詩人か?と思うくらい染みる 心身ともに疲れ切ってる時に見ると無性に泣きたくなってしまう それから作画 最近、リアルタッチにするために写真を撮ってそのまま背景にしている作家さんがたまーにいる 全然悪いことだとは思わないけど、レンズを通した世界を絵で見るとなんとも言えない違和感がある 作者は資料を基にして自分の手で描き起こしている気がする(インタビュー記事とか全く目通してないのでどこかで言及されてるかも 的外れなこと言ってたらスミマセン) その世界に降り立つ人々は、背景に似合わない漫画チックなシルエットなのに、ただただ溶け込んでいる 感嘆の声しか出ない あとは流れるような日常感 創作に励む者は誰しも緻密な人間観察をしている この日常感はその観察の賜物だ 同じ気持ちを覚えなければ日常だとは思わない 例えば、中学生の男の子が学校から帰ってきて夕飯も食べずに一番風呂を浴びると聞くと、あまり一般的ではない気がするけど、その男の子が運動部に所属していて汗だくで帰ってきたという背景があるなら、経験者は共感して日常だなと思い込む 日々当たり前のことを、そのまま当たり前だと受け流さないで、一つ一つ丁寧にインプットして、線でアウトプットされたよつばと!という作品の最大の魅力 よつばを見ていると、成人した私が5歳児の気持ちなんか分かるはずがないのに、あ〜やるやる(笑)なんて思ってしまう 揺るがない日常がそこにある 1巻が発行されるまでに数年単位で期間があくけど、この作画と話のリアリティにはそれくらいリサーチが必要だと思うのでこれからも気長に待つ ただ、20代で何言ってんだと言われるかも知れないけど、完結を見届けてから死にたいなと思う……by マルカ (73)

    1 3.5 コマ割りが良くない。伏線が書かれてないよ。。癖はあるけど悪くはない。後半は良い。 2 3.1 前半はやや肩透かし。後半は面白くなかった。 3 2.4 漫画より小説にしたほうが良かったのでは。セリフは良いものがあるだけに絵に関する要素すべてが残念。セリフも詰め込みすぎで胃もたれだが…。一旦離脱。by kiki (7)

    2巻無料

    あせとせっけん

    3.77

    11185

    124

    発刊:2018.10.10

    既刊8巻

    においフェチ男子×多汗症女子のオフィスラブコメ。ラブコメとしてはある種1話でゴールインしてるんですが、そこから始まる多汗症コンプレックスに起因するネガティブだったりからの成長ストーリーの側面がgood!編集さんの煽り文がふたりの仲以上に熱い笑by 相田コメゾウ (178)

    『乱と灰色の世界』の入江亜季先生の作品。 前作とは打って変わってSFサスペンス。 舞台はアイスランドで、探偵業で生計を立てている17歳のケイ君が主人公。あまり突っ込むとネタバレになるので控えますが、見どころは3つ。 ①魅力いっぱいのアイスランド。 アイスランドってどこかわかります?世界地図の上の方ですよね?「アイス」ランドっていうんだから、氷に閉ざされたイメージ(俺だけ?)だけど、間欠泉とか火山とか温泉とか大きい滝とか、観光名所がたくさん。そんな観光地の描写がめっちゃ美しい。アイスランドに行きたくなります。 ②食べ物の描き込み。 名前は失念しちゃったけど、土地の食べ物がわんさかでてくるんですが、その描き込みが凄く丁寧。お腹が空いてる時に読むとだめです。アイスランドに行きたくなります。 ③少しずつ紐解かれていく世界観 序盤はどんなジャンル?方向性の漫画?ってなりますが、最新巻あたりでわかってきます。ある意味前作『乱と灰色の世界』っぽさはある。 ちなみに、『乱と〜』があまり合わなかった自分ですが、本作はめっちゃ面白いです。そういった方にもぜひ一読をおすすめします。by せーふぁ (365)

    一気に読みました。三国志やミステリー系は得意ではないですが、知的な内容に魅せられました。 そして絵も良いですね。少女マンガチック過ぎずシリアスと可愛いさと色香が絶妙に表現されており素敵です。サンデーGXでも別でコミカライズされていて そちらもなかなかですが、私はこちら日向夏&ねこクラゲ&七緒一騎&しのとうこ先生方のスクエニ版の方が好みです。 ジャンルとしてはミステリーですが、ライトで文字も多すぎず読みやすかったです。また宮廷の泥々したドラマシーンもありますが、主人公のポジティブな逞しさや、名探偵のような鋭い洞察力と見識なども楽しみです。 次にくるマンガ大賞2019優勝候補に相応しい作品だと感じました。by シン (948)

    1巻無料

    うしおととら

    4.01

    9939

    211

    発刊:----.--.--

    通常版 他2作

    高校くらい?。試し読み。ハマった記憶。古いファンタジーだけど面白い!4.5。 2020/08/17、3巻。あれー?大好きだった記憶だったけど読み直してみるとそうでもない。普通だった。記憶でハードル上げ過ぎたかな?中断。3.0〜3.5。 by lrvgfpcjwbxjlq (633)

    片思いの切なさがこれでもかと描かれる。 才能の有無についての残酷さも、やっぱり徹底的に描かれる。 ギャグとテンポの良さ、絵柄の可愛さにグイグイ読めちゃうけど、クリエイターにはきっついエピソードが多くて魂を削られると思う。by おおがらす (420)

    I love Sweetness and Ligntning, I have been following the manga ever since the anime ended, and I've been loving every single chapter of it. In the western side of the world, this manga doens't get the recognition it deserves, so I always tries to spread the love that Gido puts in this work. This manga has a hearthfelt story, lovable characters and beautiful and funny at times art. Reading this manga really feels like you are following Tsumigi and Kōhei in their journey through childhood and the most beautiful moments of life and parenthood. Now that it's done I feel sad, but I'm also glad that I could see the story of this characters conclude. This is my favorite manga ever, so I would recommend anyone to read this comic and find out for themselves how great it is. Thank you for reading! 私はアニメが終わって以来アマナマがイナズマに愛していて、私はマンガに続いていて、そして私はそれのすべての個々の章を愛していました。世界の西側では、この漫画はそれが値する認識を得ていないので、私はいつもギドがこの作品に置いている愛を広めようとします。この漫画は、心からの物語、愛すべきキャラクター、そして美しくて面白い時代の芸術を持っています。この漫画を読むことは本当にあなたが子供時代と人生と親子関係の最も美しい瞬間を通して彼らの旅行でTsumugiとKōheiに続いているように感じます。それが終わったので、私は悲しく感じますが、私はこのキャラクターの物語が終わるのを見ることができたことも嬉しく思います。これは私のお気に入りのマンガなので、誰でもこの漫画を読んで自分自身でそれがどれほど素晴らしいかを知ることをお勧めします。読んでくれてありがとう! 下手な翻訳ですみません、私はグーグルを使いました (*´∀`)by Le mem (1)

    不思議な魅力の作品ですね。 石川県の端っこのド田舎から、東京の高校へ進学したちょっと天然な女の子・岩倉美津未が都会の生活や人間関係に戸惑いつつも、いろいろな人と出会い、恋をし、成長していく青春ストーリー漫画です。ただこう説明するともの凄く平凡な内容に聞こえる。設定だけ見れば、少女漫画でありがちなラブコメもので、斬新な展開や圧倒的な画力で描かれているわけでもない。でも何故かこの作品、異様に刺さるんです!! 美津未の不器用さに心苦しく思ったり、逆に素直さを羨ましく思ったり……ありふれた設定だからこそ、いろいろなキャラクターに共感し、応援したくなってしまう。そして誰かが悩みを颯爽と解決してくれるわけではないけど、価値観の違いやギャップに触れることで自身が成長し、救われていく。そんなじんわりと温かい内容が堪らない。 とりあえず読んでほしい!!キャラクターでもシーンでも、必ず刺さるポイントがあるはず。by ギヨタン (67)

    キャラ立ちがしっかりしててブレないから、キャラたちにめちゃくちゃ愛着が湧く! 一コマにセリフが多くて読むのは少しだけ大変だった。 最終巻のセリフなしで3年生の時が流れていく場面。セリフがないのにキャラが生き生きしてて本当に動き出しそうだった。今まで1人ぼっちだった雫の周りが明るく楽しくなったんだって実感できる描き方だった。 番外編の伏線回収が華麗で素晴らしかった。番外編までしっかり楽しめる。by れとれとさん (621)

    ペットショップの売れ残りであるブサイクな猫と妻を亡くした心優しき元ピアニスト・神田冬樹、孤独な1人と1匹が出会い、お互いの灰色だった日常が色づいていく様子をハートフルに描いている。 後にふくまると名付けられた猫。そんなふくまるを溺愛し、ふくまるに出会ったことで表情に緩みが出てきたおじさまがとてもかわいい。いつもは大人の余裕やダンディーさがあるものの、ふくまるといるときは無垢な少年のように輝かしい笑顔を見せてくれるおじさまのギャップにも心を掴まれる。 おじさまとふくまる目線両方で楽しむことができ、さらにふくまるの生い立ちや猫ならではの感覚などをひしひしと感じながら読み進めていくことができる。こんなにも猫に感情移入できる作品は他にはないだろう。 最初はサクッと読めて癒しを与えてくれる仕上がりだったが、おじさまのピアニストだったときの過去が浮き彫りになってきて、話数をまたいでじっくりと読めるような構成になってきて、よりこの作品にハマっていってしまう。 猫が好きな人はもちろん、孤独を感じたことがある人、何かを諦めてしまった人などにもあたたかさを与えてくれる作品です。by れとれとさん (621)

12345