美麗な筆致で描かれているダークファンタジーコミック「魔女と野獣」が面白い。 本作は、魔女に呪いをかけられた少女と凄腕の魔術師の二人組が主人公だ。 現段階で主人公二人についても謎が多く、これからまだまだ楽しめるのか!と期待が膨らんでしまう作品。 美しい絵と世界観も相まって、映画を観ていると錯覚してしまいそうになる。 特にバトルシーンでは、アクション映画を観ているかのような躍動感のある絵が魅力的だった。 毎巻毎巻、続きが気になるところで終わってしまう。 ここまで心を掴まれたのは久しぶりかもしれない。 どうやら五巻がもう発売しているらしい。 早く読みたい。

レビューへのコメント