田畠裕基

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

田畠 裕基(たばた ゆうき)は日本の漫画家。血液型はA型。福岡県古賀市出身。既婚。代表作は「ブラッククローバー」。

2

並び替え:

ブラッククローバーという漫画を読んだ。 こちらは、魔法が存在する世界を舞台とした作品。 主人公はアスタという少年。 アスタには幼馴染でライバルのユノが居た。 彼らは幼い頃に交わした約束を胸に、国で一番の魔法使い(魔法帝)になるという共通の夢を抱いていた。 そんな中、次第に魔法使いとしての頭角を現し始めるユノ。 その一方でアスタは、一切魔法が使えないままでいた。 しかし、幾度と無く立ち上がるアスタは特別な力を手にするのだった、、。 本作は落ちこぼれとエリートという対比を軸にナルトやヒロアカを彷彿とさせる構成で展開していく。 しかし、先述した二作品と異なる部分がある。 それはライバルであるアスタとユノが常に互いを信頼し続けていることだ。 強固で美しい友情で苦難を乗り越えていく二人の姿に心打たれる。 アスタとユノ以外の登場人物も一人一人しっかりバックボーンが描かれていて度々胸が熱くなる。 常に続きが気になる友情や絆を鮮烈に描いた熱い王道コミック。by ヒノデ (67)

HUNGRY JOKER

3.00

1129

13

発刊:2013.04.04

完結・全3巻

作品情報ページ

画力があってキャラデザも良かったけど、内容とイマイチ合わなかった印象。今は「ブラッククローバー」が型にハマってるようで良い踏み台に。by コースケ (145)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +