わりかし地味で文字量多いなって思う異世界もの。だけど一巻の表紙から想像するほのぼの系とは裏腹に政治や医療、生死についてしっかり描かれてるギャップ具合につい読み込んでしまう。そして随所にセクシー要素を盛り込む飽きさせない工夫は作者のやり手っぷりを感じる。おすすめです。

レビューへのコメント