マイベスト漫画

1
『豪華版 宮本から君へ』の書影
2
『8月の光・ひな』の書影
3
『復刻版 あしたのジョー』の書影
『ピンポン』の書影
『真説ザ・ワールド・イズ・マイン』の書影
『BLAME! 新装版』の書影
『聲の形』の書影
『僕だけがいない街』の書影
『すごいよ!!マサルさん ウ元ハ王版 / 完全版』の書影
『めぞん一刻 新装版』の書影

30

天野洋一の作品の書影天野洋一

作品数 : 6

天野 洋一(あまの よういち、1981年6月22日 - )は日本の漫画家。男性、岡山県瀬戸内市出身。岡山県立瀬戸南高等学校卒業。中国デザイン専門学校をデビューにより中退。

ファンになる
うすた京介の作品の書影うすた京介

作品数 : 10

うすた 京介(うすた きょうすけ、1974年5月25日 - )は、日本の漫画家。愛知県生まれ、熊本県合志市育ち。熊本県立大津高等学校美術コース卒。妻は漫画家の榊健滋。主に『週刊少年ジャンプ』でギャグ漫画を発表。代表作に『セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん』、『ピューと吹く!ジャガー』。

ファンになる
西島大介の作品の書影西島大介

作品数 : 20

西島 大介(にしじま だいすけ、1974年10月5日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、ライター、映像作家。東京都出身で広島県広島市育ち。男性。既婚者で二児の父である。2011年から第2の故郷である広島市に再転居。1990年代中盤から、『コミッカーズ』などでイラストレーターとして活躍。2004年に『凹村戦争』で漫画家デビュー。以降、『SFマガジン』『ファウスト』など、サブカル系の文芸誌を仕事の舞台にしている。現在は、2015年3月に公開した映画『世界の終わりのいずこねこ』の共同脚本を手がけ、自らの手でコミカライズした同名作『世界の終わりのいずこねこ』がwebマガジン「ぽこぽこ」にて連載された。また、DJまほうつかい名義で、エレクトロニカの楽曲を発表、姫乃たまとのユニットひめとまほうとしても活動している。

ファンになる
松本大洋の作品の書影松本大洋

作品数 : 28

松本 大洋(まつもと たいよう、男性、1967年10月25日 - )は、日本の漫画家。東京都出身。和光大学文学部芸術学科中退。1987年デビュー。代表作に『花男』『鉄コン筋クリート』『ピンポン』『ナンバーファイブ 吾』など。スポーツや闘いを題材に、男の持つ美学や世界観を独特のタッチで表現している。初期には講談社『モーニング』で活動するも人気が出ず、小学館『ビッグコミックスピリッツ』に移って以降評価を受けるようになった。実母は詩人の工藤直子。妻は漫画家の冬野さほで、冬野はしばしば松本のアシスタントもしている。従兄弟の井上三太も漫画家。

ファンになる
岡崎京子の作品の書影岡崎京子

作品数 : 53

岡崎 京子(おかざき きょうこ、1963年12月13日 - )は日本の漫画家。1980年代から1990年代にかけて、作品性に優れた多くの作品を発表、時代を代表する漫画家として知られた。しかし作家活動の頂点にあった1996年(平成8年)に交通事故で重傷を負い、後遺症で作家生命を事実上絶たれた。休筆後20年以上を経てもなお、才能を惜しむファンの支持が衰えず、過去作品が断続的に復刊され、また映画化されている。

ファンになる
鳥山明の作品の書影鳥山明

作品数 : 30

鳥山 明(とりやま あきら、1955年(昭和30年)4月5日 - )は、日本の漫画家、デザイナー。愛知県名古屋市出身、同県清須市在住(合併前は清洲町)。プロダクションは「BIRD STUDIO」(バードスタジオ)。血液型はA型。妻は漫画家のみかみなち。

ファンになる
内藤泰弘の作品の書影内藤泰弘

作品数 : 7

内藤 泰弘(ないとう やすひろ、ローマ字表記:Yasuhiro Nightow、1967年4月8日 - )は、日本の漫画家。神奈川県横浜市出身。法政大学社会学部卒業。トイトライブ主催の一人。代表作に『トライガン』など。

ファンになる
井上雄彦の作品の書影井上雄彦

作品数 : 5

井上 雄彦(いのうえ たけひこ、本名:成合 雄彦(なりあい たけひこ)、1967年1月12日 - )は、日本の漫画家。鹿児島県大口市(現・伊佐市)出身。血液型はB型。

ファンになる
冨樫義博の作品の書影冨樫義博

作品数 : 7

冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ、1966年4月27日 - )は、日本の漫画家。妻は同じく漫画家の武内直子[注 1]。弟の冨樫(冨樫秀昭)[注 2]も漫画家。1987年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年(平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー。主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化され人気を博している。『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中[注 3]。血液型はA型。

ファンになる
大友克洋の作品の書影大友克洋

作品数 : 20

大友 克洋(おおとも かつひろ、本名同じ、1954年4月14日 - )は、日本の漫画家、映画監督。宮城県登米郡迫町(現在の登米市迫町)出身。宮城県佐沼高等学校卒。血液型はA型。 1973年『漫画アクション』にてデビュー。代表作に『童夢』『AKIRA』など。ペンタッチに頼らない均一な線による緻密な描き込み、複雑なパースを持つ画面構成などそれまでの日本の漫画にはなかった作風で、80年代以降の漫画界に大きな影響を与えた。息子はイラストレーターのSHOHEI(大友昇平)。1988年、自作を元に自ら制作したアニメーション映画『AKIRA』は日本国外でも高い評価を得、「ジャパニメーション」と呼ばれる、日本国外における日本アニメムーブメントのさきがけとなった。近年は主に映画監督として活動している。

ファンになる
平野耕太の作品の書影平野耕太

作品数 : 7

平野 耕太(ひらの こうた、1973年7月14日 - )は、日本の漫画家。東京都足立区出身・在住。アクション・ギャグ作品を主に手がける。愛称は「ヒラコー」。

ファンになる
大暮維人の作品の書影大暮維人

作品数 : 8

大暮 維人(おおぐれ いと、ローマ字表記:Oh!Great)は、日本の漫画家。原画、イラストなどの仕事も手がける。血液型はAB型。既婚。1995年に『漫画ホットミルク』掲載の「SEPTEMBER KISS」でデビューし、1997年に『月刊少年キャプテン』で開始した『BURN-UP W』で連載デビュー。

ファンになる
柴田ヨクサルの作品の書影柴田ヨクサル

作品数 : 11

柴田 ヨクサル(しばた ヨクサル、1972年7月1日 - )は日本の漫画家。北海道留辺蘂町(現:北見市)出身。

ファンになる
中山敦支の作品の書影中山敦支

作品数 : 10

中山 敦支(なかやま あつし、1982年7月10日 - )は、日本の漫画家。血液型はA型。鹿児島県出身。埼玉県在住。

ファンになる
伊藤潤二の作品の書影伊藤潤二

作品数 : 83

伊藤 潤二(いとう じゅんじ、1963年7月31日 - )は、日本の漫画家。岐阜県生まれ、千葉県在住。代表作は『富江』シリーズ、『うずまき』、『首吊り気球』、『ミミの怪談』など。映像化された作品も多い。

ファンになる
    新井英樹の作品の書影新井英樹

    作品数 : 19

    新井 英樹(あらい ひでき、1963年9月15日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。神奈川県立川和高等学校、明治大学卒業。妻は漫画家の入江喜和。漫画家を目指すために文具会社を退職して、作品の投稿を始める。ちばてつや賞入選などを経て、1989年に『8月の光』がアフタヌーン四季賞夏のコンテストにおいて四季大賞を受賞しデビュー。デビュー当初は『牽牛庵だより』『こどもができたよ』など非常にソフトで柔らかいタッチだったが、後に反社会的な表現を多用する現在の特徴的な作風になった。第38回(1992年)、小学館漫画賞青年一般部門受賞(『宮本から君へ』)。

    ファンになる
    荒木飛呂彦の作品の書影荒木飛呂彦

    作品数 : 22

    荒木 飛呂彦(あらき ひろひこ、1960年6月7日 - )は、日本の漫画家。宮城県仙台市若林区出身。東北学院榴ケ岡高等学校卒、宮城教育大学中退、仙台デザイン専門学校卒。身長169.5cm、体重(2007年現在)61kg、血液型はB型。既婚者で二女の父。本名、荒木利之(あらき としゆき)。1980年(昭和55年)、「武装ポーカー」でデビュー(本名名義)。代表作は『週刊少年ジャンプ』(集英社)1987年1・2号から連載開始された『ジョジョの奇妙な冒険』。同作品は複数の部に分かれ、主人公や舞台を変えながら20年以上に渡って連載され続けており、シリーズ総計122巻(2018年7月現在)、発行部数は1億部(2015年12月時点)。

    ファンになる
    西森博之の作品の書影西森博之

    作品数 : 14

    西森 博之(にしもり ひろゆき、1963年11月23日 - )は、日本の漫画家、小説家。東京都生まれ、千葉県出身。血液型O型。2012年6月時点の著書累計発行部数は5000万部を超える。

    ファンになる
    Loading ...
    Loading ...