西島大介さんの作品の書影

西島大介

ファンになる

作品数:20

sosuke_mさん、他1人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

西島 大介(にしじま だいすけ、1974年10月5日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター、ライター、映像作家。東京都出身で広島県広島市育ち。男性。既婚者で二児の父である。2011年から第2の故郷である広島市に再転居。1990年代中盤から、『コミッカーズ』などでイラストレーターとして活躍。2004年に『凹村戦争』で漫画家デビュー。以降、『SFマガジン』『ファウスト』など、サブカル系の文芸誌を仕事の舞台にしている。現在は、2015年3月に公開した映画『世界の終わりのいずこねこ』の共同脚本を手がけ、自らの手でコミカライズした同名作『世界の終わりのいずこねこ』がwebマガジン「ぽこぽこ」にて連載された。また、DJまほうつかい名義で、エレクトロニカの楽曲を発表、姫乃たまとのユニットひめとまほうとしても活動している。

西島大介の作品

一覧
『ディエンビエンフー』の書影

ディエンビエンフー

3.51

928

発刊: 2007.7.4 ~

通常版・他1作品

ベトナム戦争の渦中、アメリカ軍の従軍カメラマン・ヒカルは、米兵によるベトナム人少女の集団レイプ現場に遭遇。口封じのため銃を向けられるが、ゲリラの少女に命を救われる。美しくも残忍に人々を斬り殺していく“お姫さま(プランセス)”に一目惚れし、偶然撮影した写真を片手に自慰に耽る彼をよそに、闘いは凄惨さを増していく。

『すべてがちょっとずつ優しい世界』の書影

すべてがちょっとずつ優しい世界

3.30

502

発刊: 2012.10.3 ~

完結・全1巻

静寂と闇に支配された小さな島の小さな村。「くらやみ村」と呼ばれるその村は、夜が明けず、収穫はわずか。年に一度のお祭りを祝うにも楽器すらない。誰からも忘れられたその村にある日、街の人がやってきた。村に光をもたらす「ひかりの木」を植えないかと・・・。

『ディエンビエンフー TRUE END』の書影

ディエンビエンフー TRUE END

3.38

468

発刊: 2017.7.4 ~

完結・全3巻

こんな戦争文学がまだあったのか―― 西島大介の未完の大長編『ディエンビエンフー』ついにトゥルーエンド(本当の完結)へ。 完全新作の完結編第1巻ついに刊行。完結へのカウントダウンが始まった。 1970年 ベトナム――最期の戦場。僕は彼女(プランセス)にハートを撃ち抜かれた。

『アイ・ケア・ビコーズ・ユー・ドゥ』の書影

アイ・ケア・ビコーズ・ユー・ドゥ

3.30

440

発刊: 2012.0.1 ~

完結・全1巻

あの日、神さまに置いてきぼりにされてしまった……。本当の話をしよう。本当の物語を。どんな事件よりも、どんな災害よりも、世界を決定的に終わらせてしまった出来事を。90年代、ぼくらは高校生だった。神さまは、庵野秀明、リチャード・D・ジェームス、そしてYOSHIKI。世界の終わりよりほんのちょっと遅れてきた週末。アイ・ケア・ビコーズ・ユー・ドゥ。

『世界の終わりの魔法使い』の書影

世界の終わりの魔法使い

3.00

398

発刊: 2005.1.6 ~

通常版・他1作品

科学が滅んだ時代の魔法の村。何故か魔法が使えない少年は、ひとりの不思議な少女と出会い「世界の終わり」と闘うことに――。読めばゼッタイ勇気がもらえる傑作ファンタジー!

『新装版 ディエンビエンフー』の書影

新装版 ディエンビエンフー

3.29

359

発刊: 2017.0.6 ~

通常版・他1作品

未完のまま最終巻が発売され物議を醸した話題作が、新カバーイラスト&新作マンガをひっさげて奇跡の復活! ベトナム戦争を舞台に生と死と恋を描くバトルアクション超大作、双葉社から6ヶ月連続刊行スタート!! 待ち受け用画像プレゼント企画も!!!(詳細はコミックスの帯をご確認ください) 【第1巻あらすじ】 ベトナム戦争の渦中、アメリカ軍の従軍カメラマン・ヒカルは、米兵によるベトナム人少女の集団レイプ現場に遭遇。 口封じのため銃を向けられるが、ゲリラの少女に命を救われる。 美しくも残忍に人々を斬り殺していく“お姫さま(プランセス)"に一目惚れし、 偶然撮影した写真を片手に自慰に耽る彼をよそに、闘いは凄惨さを増していく。

『夏の彗星』の書影

夏の彗星

3.31

353

発刊: 2014.2.0 ~

既刊1巻

大ベストセラー『陽だまりの彼女』のカバーイラストで一躍脚光を浴びる西島大介。彼がまんが家生活10年の間に描きためて、未だ単行本に収録されていない短編を一挙公開!切なさとユーモアに彩られた傑作の数々。

描き下ろしマンガ原稿が、出版前に67ページまるまる紛失!!この史上最大規模の原稿紛失事件の当事者が、顛末そのものをマンガ化!!!!!さらに気鋭の批評家・大谷能生氏による論考も併せて、この事件から見えてきた「マンガ」というメディアの本質に迫る!!!!

『アトモスフィア』の書影

アトモスフィア

3.09

308

発刊: 2006.2.3 ~

完結・全2巻

ある日、わたしの分身が現われた。わたしに何の断りもなく、世界はわたしの居場所を奪った。それでもわたしが「ふざけんな」って言わないのは、あらかじめ、みんなを赦しているから――。

すべて表示(20)

作品レビュー

一覧
yosさんのアイコン

yos

ys
3年前

4.0

12巻まで読みました

ちゃんと王道

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

Arisakaさんのアイコン

Arisaka

Arisaka
6ヶ月前

3.6

3巻まで読みました

ディエンビエンフー TRUE END

レビュー(3)件

完結・全3巻

Arisakaさんのアイコン

Arisaka

Arisaka
6ヶ月前

3.4

12巻まで読みました

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

4.0

8巻まで読みました

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

さわらさんのアイコン

さわら

hiroga
7ヶ月前

4.0

12巻まで読みました

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

tomさんのアイコン

tom

azuki0panda
11ヶ月前

3.5

1巻まで読みました

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

おいすさんのアイコン

おいす

ois808
11ヶ月前

3.5

12巻まで読みました

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

4.4

3巻まで読みました

名作

ディエンビエンフー TRUE END

レビュー(3)件

完結・全3巻

4.0

12巻まで読みました

名作

ディエンビエンフー

レビュー(12)件

完結・全12巻

すべて表示(39)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...