アフタヌーン

wikiで検索

227

並び替え:

繊細で緻密な美しい描写に見惚れるだけでなく、「書が人を造り 書が世界を創っているんだ」という世界観に惹き込まれる。そしてなおかつ、物語の頁を進めるのは自分自身の手に他ならない!‬ ‪これは、本の力で世界を繋ぐ物語。‬by レクシア (192)

プラネテスの幸村先生作品 近未来宇宙をテーマとしたプラネテス連載とは一線を課した、中世ヨーロッパが舞台の作品で、かなり生々しいシーンが数多くあります。 しかし読むと分かりますが、プラネテスとも共通する幸村先生のメッセージや哲学が多く見受けられます。by Shin@UXデザイナー (460)

これは面白い。テーマは美術。 高校生の主人公が美術に目覚め、美大を目指す物語。 今まで美術マンガは、ギャラリーフェイク/かくかくしかじか/この美術部には問題がある/夏の前日などを見てきましたが、最もリアリティーがあり、美術世界特有のノスタルジックな空気を表現していると感じました。by Shin@UXデザイナー (460)

一先ず一巻を読んでの感想。 タイトルからも連想されるように、物語の中核を担うキャラは、クラスから浮き気味のバラエティ豊かなキャラクター達。前作『げんしけん』を彷彿させるコンプレックスを抱く人たちの人間模様はこれからどのように描かれるのか期待。 少しナヨッとした主人公に波戸君の面影を感じる。 by sosuke_m (482)

12345