沙村広明

ぐらころ、saeko-soso@ezweb.ne.jp、他9人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

沙村 広明(さむら ひろあき、1970年2月17日 - )は日本の男性漫画家、イラストレーター。千葉県出身、多摩美術大学美術学部油絵科卒。1993年『月刊アフタヌーン』にてデビュー。異色時代劇『無限の住人』がデビュー作であり代表作。同作品により1997年、第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。

11

並び替え:

悪趣味のごった煮状態!陰謀、暴力、拷問、積み上がっていく死体の山。陰惨な描写がえげつないけどアクションは鳥肌立つカッコ良さ、そこが救い。 ストーリー進行が周りくどいのと嫌な描写が多いのとで本筋見えるまでがツライ。「ブラッドハーレーの馬車」好きな人は楽しめると思われ。by おおがらす (385)

3巻無料

無限の住人

3.66

2892

54

発刊:1994.09.19

通常版 他1作

画力は言わずもがな、途中江戸城地下実験編の中弛みがありながらもラストは物悲しく、特に万次さんの終盤の台詞には30巻分以上の感慨があったようにおもいます。 中学生から必死に追いかけた作品ゆえか、今でも頻繁に読み返します。 主人公側よりも逸刀流に魅力を感じていたからか、余計にラストに憂いを抱いたのかもしれません。by ぐらころ (98)

凄まじくサブカル方面に傾斜した小ネタが異様な密度で襲い来る展開は『以下略』『いきいきごんぼ』等を彷彿とさせ、それだけでもかなり好き(人は選ぶ)だが、更に終盤でなんかいい感じのSFに昇華させた末になんかいい感じに締める辺り流石やな〜〜となったby (184)

ブラッドハーレーの馬車

3.31

1743

38

発刊:2007.12.18

既刊1巻

最高の胸くそ漫画(褒めてます)。 読後感は本当に胸に刺さるものがあるが、その先に考えさせられるテーマがあります。深く思考と嗜好と思想の海に沈みたい時に。by 森脇かみん@サブカルメディカル掲載中 (45)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +