諸星大二郎さんの作品の書影

諸星大二郎

ファンになる

作品数:78

Rさん、他2人がファンになりました
ファンになる

プロフィール

諸星 大二郎(もろほし だいじろう、1949年7月6日 - )は、日本のSF・伝奇漫画家。姓はもろぼしとも。長野県北佐久郡軽井沢町生まれ、東京都足立区出身。別名に諸星義影がある。1970年『COM』にてデビュー。代表作に『妖怪ハンター』『西遊妖猿伝』など。

諸星大二郎の作品

一覧
『妖怪ハンター』の書影

妖怪ハンター

3.53

1242

発刊: 2005.10.5 ~

完結・全3巻

ぬばたまの闇の底どよもす呻き声。冥き世界にうごめく異形の者ども…。異端の考古学者・稗田礼二郎が暴きだす、触れてはならぬ…暗黒の日本史!! その圧倒的スケールで、漫画界を震撼させた空前絶後の傑作「妖怪ハンター」第一弾!! 幻のミッシング・ピース「死人帰り」も掲載!! 暗黒の邪神、深き底より…まいる。

『BOX ~箱の中に何かいる~』の書影

BOX ~箱の中に何かいる~

3.45

1067

発刊: 2016.10.2 ~

完結・全3巻

差出人不明で届いた「パズル」とチケットに導かれるように、奇妙な四角い館に集まった7人。興味本位で来たという謎の女も加わり、中に入った彼らを待ち受けていたのは人形のような美少女と、想像を絶する迷宮だった。パズルを解かなければ出られない。解けば、体の一部が消える! 彼らは脱出できるのか? そして「招待主」は何者なのか? 幻想漫画の巨匠が仕掛ける状況限定(ソリッド・シチュエーション)型サバイバルホラー!

七人の天才漫画家の豪華な競演。 ビッグコミック創刊45周年に本誌に掲載された巨弾読み切りの アンソロジー第1弾。浦沢直樹氏、萩尾望都氏、能條純一氏、伊藤潤二氏、 北見けんいち氏、諸星大二郎氏、原秀則氏の渾身の読み切りがオムニバスで読める豪華な一冊。先生達のビッグコミックへの愛情がひしひしと 伝わってくる青年漫画の究極ともいうべき読み応えのある一冊です。

著者自らが選んだ12作品を収録した諸星大二郎自選短編集1が登場!! 伝奇・神話の世界を見つめ、独自の空間を創造し続けてきた鬼才の四半世紀がここに凝縮される。

『諸星大二郎劇場』の書影

諸星大二郎劇場

3.43

500

発刊: 2017.11.3 ~

既刊4巻

不思議で奇怪な新作、満載。 怪異な世界と通じる祭り。 日常に潜む不気味な出来事。 今、最も身近な怪獣の物語。 意志を持ってしまった影…… 鬼才・諸星大二郎が描く、 コミックス初収録の奇怪譚、満載。 あなたはきっと まだ見ぬ不思議に遭遇する。

『文庫版 マッドメン』の書影

文庫版 マッドメン

3.24

465

発刊: 2006.6.5 ~

通常版・他4作品

ニューギニアからやって来た不思議な少年コドワ。その全身にほどこされた刺青にこめられた秘密とは? “大いなる仮面"と悪霊アエンの因縁は、コドワと波子を巻き込み、二人を運命へと誘う。そしてオンゴロの伝説と日本神話の繋がりは、はたして何を意味するのか…? 【同時収録】ユニコーン狩り/アリゲーター/辛口怪談

『西遊妖猿伝』の書影

西遊妖猿伝

3.00

403

発刊: ~

通常版・他1作品

『西遊妖猿伝 大唐篇』の書影

西遊妖猿伝 大唐篇

3.23

383

発刊: 2009.0.5 ~

完結・全10巻

隋末期の中国。花果山の麓に住む孫家の少年は、強大な妖怪・無支奇(むしき)に見込まれて、その称号「斉天大聖」を受け、額に金環を授かります。その時から、彼の運命は戦いと血のるつぼの中に投げ込まれました。少年の名は、悟空――――。2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記、第一部であります!

すべて表示(78)

作品レビュー

一覧

4.3

2巻まで読みました

諸星入門書

諸星大二郎自選短編集

レビュー(5)件

既刊2巻

0.0

1巻まで読みました

彼方より 読了

諸星大二郎自選短編集

レビュー(5)件

既刊2巻

3.0

1巻まで読みました

暗黒神話

レビュー(3)件

既刊1巻

3.0

1巻まで読みました

文庫版 孔子暗黒伝

レビュー(1)件

完結・全1巻

3.0

1巻まで読みました

文庫版 暗黒神話

レビュー(4)件

既刊1巻

3.0

1巻まで読みました

天崩れ落つる日

レビュー(2)件

既刊1巻

すべて表示(144)

この漫画家が好きな人におすすめ

Loading ...
Loading ...