能條純一

つねがファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

能條 純一(のうじょう じゅんいち、1951年1月22日 - )は、日本の漫画家。東京都墨田区生まれ、血液型B型。クールでシャープな描線・タッチが特徴的な絵柄の作家である。ネームにおける見せ所は、主に男の美学。1971年、『COM』の「ぐら・こん」に『錯乱』で佳作入賞している。漫画家としてのデビュー後は1980年代中盤まで、成人向けの劇画作品を発表していた。1996年、『月下の棋士』で第42回(平成8年度)小学館漫画賞受賞。「哭きの竜」「翔丸」に代表される、クールな主人公が登場する乾いた雰囲気の作品から、「プリンス」「ずっこけ侍ミケランジロウ」などの軽妙な人情モノの両極な作風が特徴。古屋兎丸が作画を担当した短編漫画「何を切る!?」では、「哭きの竜」のパロディーのギャグ漫画の原作を担当した。ネームは描かず、最初から原稿に描くので、ペン入れをした後でボツになることもあったという。

27

並び替え:

ナレーション等も時代感を出すために仰々しく堅苦しい形へと意図的にしてる点と、内容も事実ベースであり、天皇崇拝の一辺倒で描いていないと予想したため評価している。 変化の中心、台風の目の様にいる天皇を親近感が沸きながらも掴み所なく描く演出は見事。 (天皇崇拝の一辺倒で描いて、その考えからくるナレーションやら表現やらなら、評価は凄く下がる。)by (113)

1

この作者に関する記事