集英社

wikiで検索

8706

並び替え:

初×婚

3.11

734

2

発刊:2019.09.25

既刊5巻

ゴールデンカップルになるため、決められた男女が学園長の出すゲームや試練を乗り越えていく設定が今どきっぽくてワクワクする。 主人公・初がちょっぴりポンコツだけど、パートナーの紺が頭がきれるので、上手いことNo.1を確立中。 初の素直さと直球さは「こんな女の子になりたい!」と読者に思わせてくれるはず。by れとれとさん (671)

モジコイネネコイ

3.05

396

4

発刊:2020.02.25

既刊5巻

周りよりちょっとだけSNSで人気のある盛り気味JKが、友人の裏切りをきっかけに盛らずに生きようとする話。 まだ導入部分すぎてなんともだけど、主人公がSNSで人気なくせにそれほどかわいくないというか、それでもかわいい的な設定がなんか好き。by nashuaki (673)

寮生活で巻き起こる男女6人のラブゲームという題材が既に面白い!これから誰がどう動いていくのか非常に気になる! わかばの恋してる表情とかちょっとしたことで喜んでいる姿の表現が上手で可愛い。 テンポ良く次々とハプニングが起こるから、読んでいてだるさを感じないのが素晴らしい。 天見くんと爽くん、どっちとくっつか見ものだけど、展開的には天見くんだろうなあと、踏んでおります。by れとれとさん (671)

2020/08/17、5巻の途中。試し読みと漫画meeでちょこちょこ読み進め。まぁ面白いけど、トータル普通。だからもう読まなくて良いかな。 重い彼氏って言う設定が始めは新鮮で面白かった。が、時たま重すぎてヒロインの邪魔してる時とかあってそれはイラッとしたら。始めは男が大好き大好きで押してたけど女もゆっくり愛募りしっかり両想いになってゆく。初h前のドタバタやライバル出現などハプニングはありきたり。by lrvgfpcjwbxjlq (641)

2巻無料

お迎え渋谷くん

3.31

1218

15

発刊:2018.07.25

既刊7巻

年下俳優と年上保育士のほんわかした恋模様を描いていて癒されること間違いなし。大海が子どもみたいにポロポロ泣くなど、先生のことを考えて表情や行動がコロコロ変わっていくのが見ていて楽しい。 たまに話の流れが急だったりすることがあるからわかりにくいときもあり、そこが難点。by れとれとさん (671)

時々、無性に少女漫画が読みたくなる時期が来る 先週がそれで、思い立ったが吉日 友人に借りて読んだ中の一つ 結論から言うとあまり合わなかった 私は心情や台詞、行動のリアルさ重点を置くタイプ 矢印の多い恋愛を描く漫画は、それこそ上手いこと噛み合わない点が現実的で好みだが、キャラクターの「やめれ」発言を始めとする会話のノリ、出会って初日に異性と腕相撲などなど、どうにもリアリティに欠けてしまって作品に入り込めなかった 少女漫画らしいといえばらしい作品ではあったby マルカ (73)

新しい宇宙マンガが出てきました。木星を舞台にした未来の人類達。そして木星で生まれた子供 ジュピタリタリアン。なかなか面白いです。メインキャラパイロットがスパイク似(^ ^) コメディありサスペンスあり、これからが楽しみです。by シン (1077)

◆こんな方にオススメ ・ツンデレな女の子が好き ・ラブコメが好き スコアは該当する方へ ◆感想 ◎ストーリー 私の一番のお気に入りマンガです。基本的にオムニバス形式で、1話の中でオチがつくのですが、かなり笑えます。ラブコメですが、題材が現代的で、切り口が独特の面白さを持っていて、飽きさせません。私は英語版も買って英語の勉強に使っています。あとはヒロインがプライドが高くて責任感が強いのにドジなのが好きですね。 ◎画 わりとクセがある方かもしれません。トーンの使い方が独特で、これもややクセがあるのですが、私は好きです。by Rodan先生 (49)

2巻無料

バトゥーキ

3.33

1708

29

発刊:2019.01.18

既刊10巻

カポエラの話。嘘喰いの作者さんはやはり癖の強い画力でして、デッサンも狂ってるんだけど雰囲気ある絵柄でそこはカバー。今回は格闘&舞踊であるカポエラだから、なかなか表現難しいのと、迫さん独特の台詞回し?見せ方?みたいなものに慣れないと読者はかなり着いていけないのが今回如実に出てるなと。by ばんばん (2592)

高校サッカーを舞台にした群像劇。怒られたくないがために異常にメンバー研究をする主人公をはじめとした、特徴的なキャラ達が面白いです。話が進むごとに物語の色合いも変わっていき展開が読めません。by いぶき (162)

1巻 ☆5 → 2巻 ☆5 原作 赤坂アカ× 漫画 横槍メンゴ のまさに天才どうしが産んだ作品。 赤坂アカ先生は『ib-instant ballet-』や『かぐや様は告らせたい』、横槍メンゴ先生は『君は淫らな僕の女王』、『クズの本懐』をリアルタイムで追ってたので、まさにおふたりのタッグは個人的にすごく嬉しい。 本作『推しの子』はいわゆる"転生モノ"で、1巻では表紙の天才アイドル「星野アイ」に焦点が十分にあてられ進むが、最終話あたりでは急転直下、アイの子供に転生した双子の兄妹が主人公に切り替わる。 その辺りの明暗のストーリーの書き分けと作画の落差がとてもマッチしている。 赤坂アカ先生の原作は、読み進めると確かにibのダークさとかぐやのギャグのノリがあって、確かにこれはアカ先生の作品だとわかる。 一方で、漫画の横槍メンゴ先生は赤坂アカ先生の産み出した「天才アイドル」の光の部分と「転生した双子」の闇の部分を十二分に描き出していて、その画面に起こす凄さは『クズの本懐』からも窺える。 また『かぐや』と世界設定が同じと思われ、それをメンゴ先生の作画で読めるのはファンには嬉しい限り。 アカ先生とメンゴ先生の息の合った構成はおふたりのツイキャスを聴くとわかるように、本当にプライベートでも仲が良いことによる(Twitterのやりとりでもわかる)んだろう。 まさに"約束された神作"である。by せーふぁ (504)

九龍ジェネリックロマンスという漫画を読んだ。 「懐かしいという感情は恋と同じ」という台詞が本作にはある。 その言葉の意味を具体的に理解することは難しいが、言わんとしていることは漠然とわかる。 未来を舞台にした作品にも関わらず「懐かしい」と感じてしまうラブストーリー。 どれだけ時代が進んでも恋愛は普遍的なものなのかも知れない。 味のあるノスタルジーなSFラブストーリーだなぁと思いながら読んでいた。 しかし、この作品はどうやらそれだけではないようだ、、、。 今後の展開が気になる。by ヒノデ (67)

12345