吾峠呼世晴

まめると、yo、他8人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

吾峠 呼世晴(ごとうげ こよはる、1989年5月5日-)は日本の漫画家。

2

並び替え:

吾峠呼世晴短編集

3.28

1172

21

発刊:2019.10.04

完結・全1巻

作品情報ページ

鬼滅の刃の作者の短編漫画集。吸血鬼や呪術師をモチーフにした作品が多く、これが後の鬼滅の刃に生かされてるんだなぁと思うと感心しました。主人公それぞれが何らかの特殊能力を持っています。   話の内容は…読み切りって数十ページにまとめなければならないので、その苦労が作品に伺えました。主人公が活躍するまでが結構長いので、誰が主人公なんだろう…と思う場面が多々ありました。by katsudon (21)

アニメで人気が出たんでしょ?腐女子人気でしょ?なーんて言ってスカして読んでない人がいるとしたなら、それはあまりに無知!まるで新海監督の「君の名は」のヒットを横に、あのくらいなら俺にも作れると言ってのける二流映画監督のごとし。 はっきりってい面白い!シンプルに面白い!漫画ってこうでしょ!?という傑作。 少年ジャンプにしばらくなかった日本流剣劇+ありそうでない大正時代設定+ちゃんと応援したくなる主人公+命の儚さ+冗長にならず胸熱くなるポイントを絞った物語展開+シリアスの間にある本当にほっとする日常回のバランス+自分より格上のカッコよく胸熱い強者たちの扱い(僕は黄金聖闘士システムと呼ぶ)などなど、実はすべてのバランスが恐ろしいまでの完成度で収まっています。これ、狙ってやっているんじゃないかと推測してるんですよねー。 アニメで一般層に一気に広がったのは事実だけど、元々今の時代の王道として輝く要素がてんこ盛りなのですよ。by ゲームプロデューサー (15)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +