岸本斉史

白米、まめると、他7人がファンになりました。

プロフィール

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

岸本 斉史(きしもと まさし、1974年11月8日 - )は、日本の漫画家。岡山県勝田郡奈義町出身。既婚者。同じく漫画家の岸本聖史は双子の弟。血液型はO型。九州産業大学芸術学部卒。愛称はキシモッさん、キッシーなど。

5

並び替え:

2020/09/07、4巻。なんかそんなおもろくない。ナルトが面白すぎた。ナルトは後半は敵要素はあったけど前半は仲間友情とか青春要素があった。ボルトはしょっぱなから敵要素ばっかり。始まってすぐ強い敵現れて頑張って勝って、またすぐ敵出てトラブル起きてボルト活躍して勝って。1番最初の強い敵が謎を残して伏線張ってはいるけど、それを謎解いていくだけで、ナルトを求めてはだめ。by lrvgfpcjwbxjlq (633)

「ナルト」で切り捨てた要素を凝縮した成れの果て。本誌で読んでて、如何に漫画家に編集者が必要か教えてくれた教訓漫画。 正直悪くなかったが、壮大さだけが先行して他が疎かになってた。もっと練り込んで連載してたらアニメ化あったかも。by コースケ (145)

改めて一巻から読み直しましたがかなり面白かったです。 特に第一部は友情、師弟関係、裏で暗躍する脅威など少年漫画の王道を目一杯に詰め込みながらも、ストーリーのテンポの良さは圧巻でした。キャラや里のデザインだったり、全体的な構図なども見やすく、かなり満足度が高かったです。 第二部に関してはナルトの出生、里や忍について詳しく明かされ、一部キャラについても掘り下げがあり、熱い展開も多かったです。 しかし全体的に話や絵がごちゃごちゃしているように思えてきました。  またキャラが繰り出す技も迫力こそあるものの、強すぎて大味な印象を受けました。 第二部は少し読み辛いと感じましたが、総合的に見ると長らくジャンプを支えてきただけの事はあると思うぐらい素晴らしい漫画だと思います。by まつかぜ (36)

1

この作者に関する記事

関連記事をもっと表示 +