BASARA

田村由美

4.26

4577

完結・全27巻

『BASARA(1)』巻の書影
『BASARA(2)』巻の書影
『BASARA(3)』巻の書影
『BASARA(4)』巻の書影
『BASARA(5)』巻の書影
『BASARA(6)』巻の書影
『BASARA(7)』巻の書影
『BASARA(8)』巻の書影
『BASARA(9)』巻の書影
『BASARA(10)』巻の書影
『BASARA(11)』巻の書影
『BASARA(12)』巻の書影
『BASARA(13)』巻の書影
『BASARA(14)』巻の書影
『BASARA(15)』巻の書影
『BASARA(16)』巻の書影
『BASARA(17)』巻の書影
『BASARA(18)』巻の書影
『BASARA(19)』巻の書影
『BASARA(20)』巻の書影
『BASARA(21)』巻の書影
『BASARA(22)』巻の書影
『BASARA(23)』巻の書影
『BASARA(24)』巻の書影
『BASARA(25)』巻の書影
『BASARA(26)』巻の書影
『BASARA(27)』巻の書影
竹谷彰人(ミリアッシュ代表)さん、他2人が読んでいます

あらすじストーリー紹介

高度な文明が20世紀末に滅びてしまい、日本は王の一族によって支配されるようになっていた。その後、国民は、暴君の圧政に苦しみ続けてきた。そして300年の時が過ぎた。山陽地方の白虎の村に双子の兄妹が生まれた。兄の方はタタラ、そして妹は更紗(さらさ)と名付けられた。兄のタタラは暴君の圧政から人民を救う“運命の子”と予言され、村人だけではなく、王族に反感を持つみんなの希望を託されていた。ところが、赤の王の軍勢に村を襲われて、タタラは殺されてしまう。妹の更紗は、タタラの死を隠すために自らタタラとなり赤の王への復讐のため、立ち上がった。その時から、つらく長い戦いの旅が始まり…。

はじめての方はこちら

この漫画を読んだ人におすすめ

Loading ...
Loading ...